ライフスタイル

先延ばしの癖がある人は損をする?!治す方法はあるの?!




仕事でも、プライベートでも、今はめんどくさいから後でやろう、などと何かと言い訳をして、物事を先延ばしにする人、いますよね?

このような人は、今やっても後でやっても同じだと思っています。
いつかやれば問題ないだろう…と。

しかし、大抵まだやらなくていいや…と先延ばししがちで、さらにめんどくさくなって、最終的に自分が嫌な思いをします。
なぜかというと、先延ばしにすればするほど、損をすることが多くなるのです。

今はめんどくさい、モチベーションが上がらない…という気持ちもわかります。
しかし、後でさらにめんどくさいことになるなら、今やってしまった方が何倍も楽なのです。

いくつかの例と共に、なぜ先延ばしをする人は損をするのか…
また、この癖を直す方法はあるか…
をみていきましょう。




Sponsored Links

先延ばしの癖がある人は損をする?!治す方法はあるの?!


「何かを先延ばしにすることは、その場ですぐに片付けることの、倍の時間とエネルギーと苦痛を要する」という法則があります。

そのいい例が虫歯です。
「ちょっと歯が痛い」と感じたとき、すぐに歯医者に行けば、簡単な治療で済みます。
当然、治療費も安く済みます。

しかし、先延ばしにして、虫歯が悪化し痛みも増して、耐えきれなくなってから歯医者に駆け込めば、治療が大変で長時間痛い思いをすることになるのです。
治療費も何倍も高くつくでしょう。

仕事も似たようなものです。
見積書を作り請求書を立てる…いずれやらなければいけないことなら、面倒でも先延ばしにせず、ササッと片付けてしまったほうがいいのです。

例えば、メールがわかりやすいと思いますが、取引先などからのメールの返信を先延ばしにする人がいます。
もちろん内容によって、すぐには返信できない…といった場合もあるかと思います。

そのような場合以外で、明らかにすぐに返信できるような内容のもの。
別に今日じゃなくても明日返信すればいいや…、と考えます。

そうすると、返信を忘れる可能性もありますし、明日のタスクとしてメモに残す時間も無駄です。
返信する際に、「返信が遅くなり申し訳ございません」など、すぐに返信していれば、送る必要の言葉まで付け足すことになります。

さらに、返信がかなり遅くなったり、返信を忘れるなどしたら、相手からの信用を失うことになりかねません。

そのようにならないためにも、やらなければならないことを先延ばしにしたくなったら、その結果、自分が困ったことになる様子を、あえてイメージしてみましょう。

取引先からどんどん問い合わせがきて、「申し訳ありません」と電話口でひたすら謝りつづける自分の姿…
減給され、上司に小言を言われ、同僚に呆(あき)れられて、職場で肩身の狭い思いをしている自分の姿…

「そうなりたくない」と思えば、「早くやるに越したことはない」と、心から納得できます。
他ならぬ自分のためなのですから。

心から納得できたことなら、行動に移すのは俄然、たやすくなります。

先回りして仕事を片付ければ、周りからも信用され、仕事のトラブルもなくなって、心穏やかに毎日の仕事をこなせるはず。

今はめんどくさいから先延ばしにしようとするのか。
先延ばしにしたがために、簡単な仕事が5倍も10倍も大変になって、後で辛い思いをするのか。

後のことを考えれば、今やっておこう!と思うはずです。

仕事ができる、と言われている人に、先延ばしにする癖がある人はいません。

もし先延ばしにしたい…という気持ちが生まれたら、無理矢理にでも、後々辛い思いをしている自分を思い浮かべるようにしましょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. パワースポット「小笠原諸島」と「大神山神社」
  2. 仏陀(ブッダ)が苦行の末に得た「悟り」とは?
  3. あなたが行き詰まった時にすること…
  4. 4月のスピリチュアル作法
  5. 「蕪嶋まつり」2018年4月14日(土)~4月15日(日)
  6. 「別に…」「だから…」などが口癖の人の心理
  7. 相手の本心を見抜くには瞳を見るべし!
  8. 言い訳をしない事と引き換えに得られるもの

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「最近の若者はダメだ…」と語るオヤジの心理

中高年世代、いわゆるオヤジが口にする、「今どきの若者はダメだ」、「最近の若者は…」というセリフは、昔…

いじめをする人の心理とは?結局は○○がないからいじめをしてしまう?!

今やいじめは、なかなか解決することのできない複雑な問題となっています。ニュー…

仕事選びはやりたい仕事ではなく「向き・不向き」で選ぶべし?!

仕事を選ぶ際、その仕事を「やりたい」か「やりたくないか」で選んでいる人は多いので…

2018年・米沢上杉まつりの概要とアクセス(駐車場)

山形県は米沢市、名君上杉鷹山を祀る松岬神社の春の例大祭「米沢上杉まつり」をご存知でしょうか?ここ…

インド人がみんなターバンを巻いているわけではない件

日本では鶴岡八幡宮の戦いが起きていた1526年…当時、中央アジアを追われたバーブル(ティムール朝…

月別アーカイブ

2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 血液型性格判断の根拠って実際のところあるの?
  2. 自分との上手な付き合い方はまず自分を知ることから始まる?
  3. 「相づち」でわかるその人の性格や心理
  4. 今のままのあなたで幸せになれるのです
  5. 幸運を呼ぶ方法は普段の生活習慣の中にあった?!
Sponsored Links
PAGE TOP