ライフスタイル

「十字軍遠征」の結果や影響はどんなもだったのか?

中世期、イエスの生地であるエルサレムの一帯はビザンツ帝国(東ローマ帝国)の支配下にありました。
しかし11世紀に入ると、イスラム教のセルジューク・トルコ帝国がたびたびこの地域を脅かすようになります。

そこで1095年、ビザンツ帝国からの救援要請に応える形で、ローマ教皇庁は西欧の王侯貴族に聖地奪回を呼びかけました。
この翌年から、西欧キリスト教諸国による中東イスラム圏への十字軍の遠征が始まったのです。

十字軍戦争は、フランスやドイツの王族たちが直接に関わった大規模なものだけで、1096年の第1回十字軍から、1270年の第7回十字軍まで、およそ200年の間に7回も行なわれました。
このほか同時期には、王侯貴族ばかりでなく、農民たちによる小規模な遠征が大量に行なわれています。

第1回十字軍は1099年に聖地エルサレムを占領し、占領維持のためエルサレム王国を建設して、少数の棋士がその後も駐留を続けました。
しかし、十字軍は現地のユダヤ教徒やイスラム教徒を大量に虐殺したため、強い反発を受けていたのです。
エルサレム周辺のイスラム教諸国は聖戦を主張して、何度もキリスト教徒の占領地を脅かし、血みどろの戦いがくり返されました。

1147年にはドイツとフランスの諸侯による第2回十字軍が派遣されましたが、諸侯たちの足並みが揃わず、内紛のため失敗に終わっています。
1189年の第3回十字軍は、ドイツ皇帝フリードリヒ・バルバロッサ(赤髭王)、フランス王フィリップ2世、イギリス王リチャード1世(獅子心王)がそろい踏みで、10万の軍勢を送り込みましたが、またも内紛のため迷走します。

十字軍を迎え撃ったアイユーブ朝のサラフ・アッディーン(サラディン)は、大勝利を収めたのですが、捕虜を手厚く扱ったうえ、キリスト教徒の聖地巡礼の権利を認める和議を結びました。
当時、イスラム教徒の方がよほど寛大だったのです。
続いて、1202年には第4回十字軍が行なわれますが、同じキリスト教国のビザンツ帝国の領土に攻め込むという本末転倒の事態に終わります。

1228年の第5回十字軍では、出発前にドイツ皇帝が教皇庁に破門され、イスラム教徒との交渉で聖地を一時確保したものの、すぐに奪還されてしまいました。
その後、第6回、第7回の十字軍として1248年と1270年にフランス王の軍がエジプトとチュニスに侵攻しましたが、これも失敗に終わったのです。

以上のように、後半の十字軍はどうにも格好があまりよくありません…
理由は、初期の十字軍は宗教的情熱が中心にあったのが、次第に、諸侯や騎士の領土獲得、軍の輸送を担当する地中海商人のビジネスが目的になっていったからです。

また、先にも触れたように、多くの庶民も十字軍に参加していました。
これは、貧しい農民たちによる東方への開拓移民や、神の国の到来を希望する千年王国運動と結びついていたのです。

中でも、1212年の少年十字軍は純朴な信仰心を持った少年たちによって行なわれましたが、参加者の多くは奴隷として売られてしまうなど、悲劇的な結末をたどりました。
十字軍の遠征は、西欧のキリスト教徒による聖地エルサレムの確保という本来の目的に関しては、最終的にはほとんど失敗だったのです。

しかし、この遠征のくり返しを通じて地中海の交易路が発達し、東方の文化が西欧に流入してきました。
これらは、のちのルネサンス時代の下地となったともいえるでしょう。
十字軍の成果は、そんな意外なところにあったのです。



関連記事

  1. 自分の話ばかりする人の特徴や心理とは?
  2. 2018年黒森歌舞伎の正月公演と酒田公演
  3. 妊活女子にやって欲しい3つのスピリチュアル習慣
  4. 2017年幼児虐待の件数と連鎖を生む恐ろしさとは?!
  5. パワースポット「春日大社」の属性とおすすめの場所
  6. 壬生狂言(※大念仏会)の2018年の日程と時間
  7. 「色即是空」の意味を簡単に学ぶ
  8. 化粧はダメ…洗面所でやってはいけない5つの風水タブー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

気の使い方がうまい人と気の使い方がわからない人の大きな違い

世の中には、職場や飲み会などで気持ちの良いくらいさらっと気を使える人がいます。かたや、気を使いた…

サンタクロースには「聖ニコラウス」というモデルがいた?!

12月24日のクリスマス・イブの夜に、子どもたちのもとにプレゼントを持って訪れるとされるサンタクロー…

彼から別れ話が…別れたくないならやるべき3つの対策

あまり想像したくないシチュエーションですが、もし大好きな彼から別れ話をされたら、あなたはどうしますか…

恨みを買わない生き方をすればお金が貯まる?!

ことわざに「金持ち喧嘩せず(かねもちけんかせず)」という言葉があります。喧嘩をしない、つまりhは…

「チョコレート」で疲れを取ることなんかできない?!

朝から頑張って働いた日の午後…疲れて一息入れようとした時に、ふと甘いものが食…

月別アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 男性と女性で違う?「腕を組む人」の心理状態を探る
  2. 価値観が違う人と仕事をするときの正しい考え方
  3. 「B型×射手(いて)座」男性の取り扱い説明書
  4. 悪い言葉の影響を浄化するには「ツルカメ、ツルカメ」
  5. 男がもっと話を聞いていたいと感じる女とは?
Sponsored Links
PAGE TOP