キャリア

職場の同僚への不満はどこまで我慢すればいいの?

人間関係というは、最も難しいことの一つですよね。
働いていても誰もが必ずぶち当たる壁ですし、退職の原因は人間関係だった、という方も多いのではないでしょうか。

多くの人を悩ませる人間関係…
人はそれぞれ考え方も価値観も違うものです。

すれ違いや、合う合わない人が出てきて当然なのかもしれません。
では上手く付き合えない人に対して、我慢するしか方法はないのでしょうか。

もちろん人として我慢することはとても大切なことです。
しかし、我慢しすぎて自分の体を壊してしまっては元も子もありません。

では一体どこまで我慢する必要ってあるのでしょうか。




Sponsored Links

職場の同僚への不満はどこまで我慢すればいいの?


人間関係において、相手への不満というのは、多かれ少なかれ出てきます。
仲が良いときはいいのですが、付き合いが長くなってくると、相手の欠点が見えてきたりして、どうしても不満は生じてくるものです。
違う人間同士が寄り集まれば、こうした問題は起きて当然でしょう。

もちろん、ある程度、我慢することも必要です。
相手も自分に対して不満を抱いているかもしれませんからね。

相手に文句の一つも言いたいところを、グッとこらえて大目に見る。
そんな心の広さは持っていたいですよね。

でも、何もかも我慢すればいいというものではありません。
あまり我慢しすぎると、必ず魂がねじれてくるからです。
相手に対して、「私はこんなに我慢しているのに」という気持ちが強くなると、人間の魂は被害者意識を持ってしまいます。
この被害者意識が一度、魂にしみこんでしまうと厄介。
私はいつも我慢している、あの人はちっとも私の気持ちをわかってくれない、あの人はわがまますぎる、悪いのはみんなあの人……と心がどんどんネガティブな方向に向いてしまうのです。
しかも自分は我慢しているから悪くないという、一種の正当防衛の気持ちまで生まれてくる。
これって、傲慢(ごうまん)なことですよね。

では、相手への不満をどこまで許容したらいいのか?…
ギリギリまで我慢しないで、適当なところで時々、感情を爆発させればいいのです。

人生にはキレなければいけない瞬間というのがあります。
なぜなら、泣いたり怒ったりしてキレるということは、一種のストレス発散効果があり、魂の浄化作用につながるからです。
だからキレたあとは、不思議と相手に優しくなれたり、自分も悪かったなと素直に反省したりもできますよね。

それに、キレて感情を爆発させると、魂のエネルギーが一気に高まります。
それがパワーを生み、気持ちを高揚させるのです。

魂に活を入れられたような感じになり、気がしまる…
そして、そのあと急に仕事や物事への意欲がかきたてられることも多いのです。

これは同僚への不満に限ったことではありません。
職場でも学校でも、理不尽なことや不当なことをしてくる相手に対する不満は、我慢しすぎてはいけません。
キレてしかるべきという場面では、ちゃんと感情を出した方がいいのです。

不満をどんどん蓄積させていくと、恨みつらみだけが募り、相手に優しくすることもできなくなります。
相手のほうも我慢しているあなたを甘く見るようになる…
そうなると亀裂はどんどん深くなるばかりです。

ただし、ワッと一回切れたら、それで終わり…
あとに引かないことが大事ですね。
何度も何度もキレたり、いつまでもグチグチ言われると、相手だってうんざりしてしまいます。

キレるタイミングとポイントを外さないこと…
それさえおさえておけば、相手もあなたの不満が理解できますし、次から少しでも改善するよう努力してくれるでしょう。

自分の気持ちを伝える一つの手段として、ときどきキレてみるというのは、決して悪いことではありません。
そしてキレたあとは、素直に謝る…
これができれば完璧ですね。




Sponsored Links


関連記事

  1. 職場の先輩女性が怖い…職場でうまく人間関係をつくる方法
  2. 集中力が最も上がる時に合わせて仕事の能率を上げる方法
  3. 勉強や仕事でやる気が出ない原因は何なのか?
  4. 30歳で転職を成功させるための女性のスーツの選び方
  5. 血液型と仕事の相性は関係するだろうか?
  6. 仕事に手応えを感じないという方へ…
  7. 仕事が嫌になる時にはこう考え方を変えてみましょう
  8. 仕事をやらされている感が抜けない人はこうすればやる気が出る?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「ジャメ・ビュ」と「デジャ・ビュ」とは?

初めて来た場所のはずなのに、「あ、以前ここにきたことがある」と感じる…いわゆるジャメ・ビュ(既視…

子どもが制服の仕事に憧れるのは心理的影響からくるものだった?!

あなたの子供の頃の将来の夢は何でしたか?その夢は制服を着るお仕事ではあり…

男女の浮気の「境界線」が全く違うそのワケは?

別れの原因としても多くあげられる浮気。過去付き合っていた相手に浮気をされた経験がある・・・・…

イメージするだけでいいの?ポジティブシンキングの力

苦手なことにチャレンジする、もしくは苦手なことをやらなければならない時、人は苦手意識からか行う前に不…

仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?

仏(ほとけ)、もしくは悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を仏陀と言います。仏陀はサンスクリット…

月別アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 食べ物にも風水を取り入れ良い運気を呼び込もう!
  2. 姓名判断から占う「犬山紙子」と旦那「劔樹人」の結婚と離婚
  3. タフな心の作り方は「あの動物」から学ぶべし?!
  4. 「貧乏なイケメン」と「金持ちブサメン」…彼氏にするならどっちがイイか?
  5. 男性の「脈ありサイン」はこんなところに現れる?!
Sponsored Links
PAGE TOP