ライフスタイル

キリスト教の「天国と地獄」のイメージとは?

天国と言えば一般的には「死後に善良な魂が向かう楽園」というイメージですが、実は聖書にはこういう意味での天国の明確な記述はありません。
イエスは「神の国は近づけり」と唱えましたが、これは地上の人間の魂が死後に行く場所というより、神の正義による支配が世界にゆきわたった状態…
つまり本来は、現世に実現すべき宗教的ユートピアをさす語句でした。

ただし「新約聖書」の「使徒行伝」では、死後のイエスは神の右に立っていると記されています。
ここから発展して、後世の教会では、よき信仰者は死後には神の側に行くという考え方が生まれ、さらに「旧約聖書」のエデンの園のイメージと結びつき、死後の楽園=天国という概念が広まったといわれています。

一方、地獄と言えば一般的には「死後に悪しき魂が罰せられる場所」というイメージですが、これは「旧約聖書」でもゲヘナという言葉で語られています。
このゲヘナとは、ヘブライ語での「ゲー・ヒンノム(ヒンノムの谷)」という語句から転じたものです。

ヒンノムの谷とは、古代ユダヤ民族の伝承で、人や動物の死体が投げ込まれる谷のことだったといいます。
また、「新約聖書」の「マルコによる福音書」ではイエスによって、地獄は「うじがつきず、火も消えることがない」と語られています。

さらに、13世紀以降のカトリック教会では、煉獄という概念が生まれました。
これは、小さい罪を犯した者が浄化を受ける場所とされています。

煉獄での苦しみをへて罪の償いを終えた者は、天国に行くことができると考えられていました。
しかし、煉獄の概念は聖書には登場しません。
このため、教義を聖書のみに立脚するプロテスタント諸派では、煉獄の概念を認めていないのです。

なお、カトリック教会では、煉獄と少し似た概念で、リンボというものがあります。
これは、天国または地獄の周縁、辺境地を意味し、洗礼を受けずに死んだ子どもの魂などが行き着く場と解釈されました。

こうした中間的な概念が考え出されたのは、人間は決して完全な善と悪にも二分しきれず、善良な心や信仰への意志を持ちつつ、それを果たしきれなかった人間もまた少なくなかったためなのでしょう。



関連記事

  1. 福岡県のパワースポット「宗像大社」のご利益
  2. 秋田「竿燈祭り」の歴史とアクセス(駐車場)
  3. パワーストーン「クリアカルサイト」の効果や浄化方法
  4. 聖水を生む聖別に意味とは何か?
  5. 金運と商売繁盛の恵比寿様と十日戎
  6. つまらない話しかできない…と思うならこんな工夫が効果的!?
  7. 人の「口癖」でわかる…クセある人とのつき合い方とは?
  8. 奇跡は1ヵ月に1度起きている…リトルウッドの法則

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

貯金は幸せな目的を持って行うべし!

みなさんはお金が欲しいとお思いでしょうか?もし欲しいと思うのであれば、お金持ちにならなければいけ…

高御産巣日神のご利益と神話における役割

アメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)の次に世界に現れるのが、タカミムスヒノカミ(高御産巣日神)です…

職場の「しつこい男」…その特徴からわかる対処法とは?

あなたの周りに「しつこい男」はいませんか?もし思い当たる人がいれば要注意です。「しつこい…

なぜ音楽に癒し効果があるのか?…

こんなことはありませんか?「ふられたときに、悲しい歌にひたりながら涙を流すと、気持ちがサッパリ」…

仏陀(ブッダ)が苦行の末に得た「悟り」とは?

仏陀(ブッダ)....誰もが知っているかと思いますが、一体どのようなことをした人なのかをご存知でしょ…

月別アーカイブ

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 彼を好きすぎると破局が近くなる?!
  2. 「鍵を閉め忘れたかも…」と感じてしまう人には?
  3. 「3月12日」生まれの人の性格や適職とは?
  4. 「いじめ」がなくならない理由とは何か?
  5. 「懐石料理」と「会席料理」の違いを答えられますか?
Sponsored Links
PAGE TOP