占い

そんな方位に旅行に行ってはいけない?2016年開運方位に衝撃!?

夏休みの旅行先は決まりましたか?
旅行は日ごろの人間関係やストレスなどから、あなたを解放してくれる素晴らしいものです。

ただ、人によっては行ってはいけない“方位”というものがあるのです。
2016年の開運方位について学んでおきましょう。



Sponsored Links
 

2016年の開運方位


1632
吉方や凶方は古代中国より使用され、結構侮れないものです。
旅行や引越しをするときはよく考えて行動しましょう。

これは日本でいえば現在気学に当てはまります。
一白水星から九紫火星まで生まれ年によって九つに別れていますので、生まれ年を確認しなるべく吉方を使って開運をしていくのがいいと思います。

誰もが行ってはいけない凶方というのは必ずあります。
また、開運方位2016年の旅は西と東、南に旅行へ行くと楽しいことが起こりやすくなります。

これはあくまで旅としていくのが良いという場合で、しかも年で見た場合です。
月にも日にも吉凶があり、これは月ごとに変わっていきます。逆に行ってはいけないのは、北東と南西になります。

北東と南西は特に引っ越しは絶対にNGとなりますので、注意が必要です。
もし出張などどうしてもという場合は、神社でお参りしたり八方除けのお守りを買うことで災いを避けられます。



Sponsored Links
 

開運方位から見たおすすめの旅行先(国内編)


1631
吉方、凶方は生まれた九星によって変わってきますので、先ほど言った北東と南西以外には一概にここがいいとは言えません。
また自分の住んでいるところから見るのが基本となります。

ですが全体から見ますと、開運方位2016は8月ですと九紫火星の回る南、四緑木星の回る東南、9月は八白土星の回る南、九紫火星の回る北、六白土星の回る西がいいでしょう。

10月は八白土星の回る北と四緑木星の回る北西、11月は九紫火星の回る東と四緑木星の回る西、12月は東となります。
一番楽しく過ごせる可能性が高くなる開運方位2016は、9月と12月になるでしょう。

これは自分の九星と相性が悪かったとしても、旅行であれば誰もが楽しく過ごしやすくなる方角となりますので、目安としてみておくのがいいでしょう。
ただ、悪くても一日や二日程度であればそこまで問題はありません。



Sponsored Links
 

開運方位から見たおすすめの旅行先(海外編)


1629
歓迎されやすくなる、楽しく過ごせるといった意味では先ほど書いた国内編と同じになります。
今現在、一年以上住んでいる場所から、どちらの方角であるかが重要になってきます。

一年以上というのがポイントになります。
そして、これは海外へ行く時も注意を払っておいた方がいいでしょう。

先ほど述べたのは誰もが行っても大丈夫ですが、より具体的に見ていきますと、一白のかたと相性のいい旅先は三碧、四緑、六白、七赤方面です。
二黒の方は六白、七赤、八白、九紫。三碧、四緑のかたは一白、九紫方面。
五黄の方は二黒、六白、七赤、八白、九紫方面。

六白の方は七赤、八白、九紫方面。
七赤の人は六白、二黒、一白。

八白の方は二黒、六白、七赤、九紫のかたは二黒、八白、三碧、四緑方面がいいです。
五黄方面は絶対に避け、目安としてください。



関連記事

  1. テストや面接で成功するための強力なおまじない
  2. 夢占い…雷や稲妻に打たれる夢を見たら?
  3. O型の女性が恋愛・人間関係・お金の面で得を呼び寄せるには?!
  4. 夢占い…悪魔と戦う・自分が悪魔になる夢を見たら?
  5. 「3月25日」生まれの人の性格や適職とは?
  6. A型の女性が恋愛・人間関係・お金の面で得を呼び寄せるには?!
  7. 「3月20日」生まれの人の性格や適職とは?
  8. 「A型で兄弟姉妹が一人の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

プレスター・ジョンの国とその伝説

12世紀頃から17世紀頃にかけての中世ヨーロッパでは、東方にプレスタ―・ジョンという修道士が王として…

集中力を持続させる方法を知りできる人になろう!

勉強をしている時、仕事をしている時、集中しているのもつかの間....。家で勉強している時は、無性…

「部屋を片付ける」ことは運気を上げるのに効果的なの?!

昨今、日常に風水を取り入れている人も多いのではないでしょうか?できれば楽…

男が引く女のあの行動…これが理由でフラれる女子が多発していた!?

女性と男性は全く違う生き物です。つまり考え方も多く異なっている部分が多いのです。女性が当…

神社での「おみくじの読み方」・「絵馬のつづり方」・「お札・お守りの扱い方」

日本固有の宗教である神道の信仰に基づく祭祀施設…それこそみなさんがご存知の「神社(じんじゃ・かむ…

月別アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 端午の節句の由来や意味からわかる…実は「女の子」のお祭りだった?!
  2. バカ笑いする人の心理と大声で話す人の心理
  3. 如来・菩薩・明王・天部衆の違いと仏としての地位
  4. 疲れが取れない時は邪気が溜まっている?…邪気を徹底的に払う方法について
  5. 先延ばしの癖がある人は損をする?!治す方法はあるの?!
Sponsored Links
PAGE TOP