ライフスタイル

「最近の若者はダメだ…」と語るオヤジの心理

中高年世代、いわゆるオヤジが口にする、「今どきの若者はダメだ」、「最近の若者は…」というセリフは、昔からオヤジの若者に対する典型的なフレーズでした。
実は、オヤジ世代が若かったころも、その時代のオヤジに同じことを言われていたのです。

その発言には多くの場合、怒りをともなっています。
けれども実は、オヤジは心の奥で、自分自身の現状に不満や怒りをもっていて、それを若者にぶつけていたのです。

こういう心の動きを、精神分析では「投影」といいます。
つまりオヤジは、無意識のうちに若者に八つ当たりしているわけなのですね。

「昔はオレもワルでさー」と、自分が若い頃、いかに普通の人と違っていたかを吹聴するのも、オヤジの特徴です。
特に酒を飲んでいるとき、あることないこと武勇伝を語るオヤジが多いかと思います…
内容は、ケンカや女性との関係が中心になるのですが、そのほとんどがデフォルメされているし、まったくのウソという場合もあります。

心理学的に考えると、自我や超自我の抑制がゆるんだとき、「原我」という人間(ここでは男)の本性が現われるためです。
この原我がもつ欲求には、攻撃的欲求と性的欲求があり、この二つの欲求が“ワル”という形になるのです。

攻撃的欲求(暴力)と性的欲求を自由に満たしたいという願望を、男は誰でも持っています。
自分は“ワル”でありたいと思っているのが男とも言えるでしょう。

しかし、一般社会の中で生きるほとんどのオヤジにとって、犯罪者になりかねない願望の実現は不可能です。
ですが、自分を本能的に生きるスゴい人間であるかのように、他人に対して誇示したい…
そんな心の動きを、武勇伝という形に変えてガス抜きしているわけなのです。

ただ、武勇伝を語る人ほど、実はたいして悪いことはしていないことが多かったりもします…
これは自分の潜在的な欲求が満たされていなければいないほど、「つまらない男に見られたくない、バカにされたくない」という感情が強くなるからです。
それで、武勇伝の中身が大げさになるのですね。



Sponsored Links

 

心理学者のベックは、人が中年になると直面する危機として、次の4つを指摘しました。

➀身体的活力の危機
➁性的能力の危機
➂対人関係構造の危機
➃思考の柔軟性の欠如

➀は年齢とともに肉体が衰えていくために起こる危機で、これをのり越えるには、体力よりも知的な活動をいかに行なうかがカギになります。
➁の性的能力も、年齢とともに衰えていくことは避けられません。解決するには異性との関係を性的なものから、精神的なものへ移行させるしかないのです。

また、人間関係の固定化によって起こるのが➂です。
年齢を重ねると、人間関係は会社と家庭が中心になり、せまくなりがち…
積極的に新しい人間関係をつくっていくべきでしょう。

そして、思考の硬直化を指摘したのが➃…
オヤジになると頭が固くなる傾向があります。
自分のそれまでの考え方や物事への取り組み方にこだわらず、柔軟に新しい可能性を考えていくことが重要になのです。

とはいえ、「いずれは自分も」と謙虚にとらえ、大目に見てあげたいもの…
これは女性も同じなのです。



関連記事

  1. 心に余裕がない時の対処法にはこれが効く?!
  2. 「なんでモテないんだろう…?」という男に優しくその答えをわからせ…
  3. 年末に「一夜飾り」をしてはいけない本当の理由とは?
  4. 「イエスの弟子」たちの名前や人物像について…
  5. 部屋が原因?30代女性が痩せない本当の理由はコレ?!
  6. なぜ男性42歳・女性33歳が「厄年」なのか?
  7. 「ありがとう」の言葉で幸せな毎日をつくる
  8. 茨城県鹿嶋市の鹿島神宮で行われる鹿島祭頭祭のアクセス(駐車場)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

2018年の復活祭(イースター)は「4月1日(日曜日)」

2018年の復活祭(イースター)は「4月1日(日)」です。復活祭(ふっかつさい)とは、キリスト教…

意外とやっている「お金に対する4つの誤解」とは?

お金はあなたにとってどんなものですか?…突然、このような質問をされると面食らってしまうかもしれま…

心理学による夢分析で隠れた本心を探ろう!

普段、何気なく見ている夢に意味はあるんでしょうか。ものを落とす夢や、失敗するなど、不安がちな…

性格が強い・弱いで人を判断するべきではない?

人の性格はそれぞれです。常に自己主張をはっきりして、世間から強いと言われる人や、あまり自分の…

輪廻転生は「ある」の?それとも「ない」の?

「輪廻転生(りんねてんせい・りんねてんしょう)」…この言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。…

月別アーカイブ

2020年2月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 他人の心配をし過ぎる人は邪気を受け取りやすい?!
  2. パーソナリティーナンバーとは?その計算方法について
  3. キツネやタヌキが化かすと言われた由来とは?
  4. 他人の評価が全てではなく自分の評価を大切にしてみよう
  5. 「B型×牡羊(おひつじ)座」男性の取り扱い説明書
Sponsored Links
PAGE TOP