ライフスタイル

自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけない?!

ドッペルゲンガー(Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象のことです。
自分とそっくりの姿をした分身や第2の自我、生霊の類であるともいわれています。

さて、この自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけないという言い伝えが、日本だけでなく世界各地でも多く残っているのです。

昔あなたの周りで、自分にそっくりな人3人に会うと、死んでしまう…などという言い伝えが流行った時はなかったでしょうか。

この言い伝えは、実際のところ本当なのでしょうか。




Sponsored Links
 

自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけない?!



「自分の生き写しに会うと、近いうちに死ぬ。」という言い伝えは、古くからあるようです。
江戸時代の「奧州波奈志(おうしゅうばなし)」という奇談集は、東北地方の不思議な話を集めたものですが、その中に自分で自分の姿を見た男性の話が書かれています。

ある日、帰宅した男性は自分の部屋の文机に自分自身が座っているのを見ました。
顔をのぞき込もうとすると、いきなり立ち上がって、障子の隙間から庭に逃げてしまったのです。

不思議に思って母親にそのことを話すと、母親の顔色が変わりました。
それからまもなく、男性は病に倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。
実は、男性の父親も祖父も、自分の姿を見て病になり、亡くなっていたのです。

同じような話は外国にも伝わっています。
ドイツのドッペルゲンガーが有名で、やはり自分の分身を見た者が死を迎える話が数多く伝わっています。

著名人の中にも自分の分身を見たという人がいます。
アメリカ合衆国元大統領エイブラハム・リンカーンもそうですし、日本では芥川龍之介が自分を見たと語っています。

生き写しやドッペルゲンガーは怪異現象として語られることが多いようですが、スイス・チューリッヒ大学のブルッガー博士らの研究によると、側頭葉と頭頂葉の境界領域はボディイメージを司るところで、ここに脳腫瘍ができると自己像幻視を見るケースが多いということです。

つまり、ドッペルゲンガーは、自分自身の脳が作り出した幻影だというわけです。
脳腫瘍が自己幻視をもたらしたとすると、死期が近いということも説明がつきそうです。

脳腫瘍そのものが死因となることもあるでしょうし、脳腫瘍によって体の機能に障害が生じ、それによって健康を害することもあるでしょう。
そう考えると、この説にも一理ありそうですね。


関連記事

  1. やっぱり幽霊は怖い!克服する方法はあるの?
  2. いつもチャンスを逃して後悔している人へ…
  3. なぜ男性は「癒し系アイドル」に惹かれるのか?
  4. イスラム教の「旧約聖書」「新約聖書」「コーラン」の関係
  5. 良い関係を保つための他者への言葉の選び方とは?!
  6. あなたはまだ「本当の失敗」をしていない
  7. 自分に似合う服がわからないと思っているあなたへ
  8. 22日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

2018年東京の「うそかえ祭り」は亀戸・湯島天神・上野五條天神がおすすめ

1月7日に福岡県の太宰府天満宮で行なわれる鷽替え神事(うそかえ祭り)は、参加者が「替えましょ、替えま…

金運アップにまさかのあの食べ物が効く?!

できればお金持ちになりたい…たくさん旅行に行ったり、好きなものを食べて、好き…

恋愛成就ならココ!新宿のパワースポットと神社

日本一の繁華街「新宿」…たくさん人が行きかい何でもそろっている魅力的な東京の街の一つです。…

やはり美人というだけで運がいいの?

誰しもができれば美人に生まれてきたかった、と思いますよね。人は見た目ではないですが、やはり美…

男性の「ヤレる女」と「カワイイ女」は全く違うらしい件

男性と女性は恋愛における考え方や価値観が大きく異なります。特に体の関係を…

月別アーカイブ

2020年3月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 女性は恋愛で男性を追いかけるようではダメ?!
  2. つまようじに溝がある理由は「置くため」ではナイ?!
  3. お金を貯めるために必要な心理(マインド)
  4. 薬物で逮捕される次の有名人は誰?生年月日から明らかになる共通点とは?
  5. 高御産巣日神のご利益と神話における役割
Sponsored Links
PAGE TOP