ライフスタイル

自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけない?!

ドッペルゲンガー(Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象のことです。
自分とそっくりの姿をした分身や第2の自我、生霊の類であるともいわれています。

さて、この自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけないという言い伝えが、日本だけでなく世界各地でも多く残っているのです。

昔あなたの周りで、自分にそっくりな人3人に会うと、死んでしまう…などという言い伝えが流行った時はなかったでしょうか。

この言い伝えは、実際のところ本当なのでしょうか。




Sponsored Links
 

自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけない?!



「自分の生き写しに会うと、近いうちに死ぬ。」という言い伝えは、古くからあるようです。
江戸時代の「奧州波奈志(おうしゅうばなし)」という奇談集は、東北地方の不思議な話を集めたものですが、その中に自分で自分の姿を見た男性の話が書かれています。

ある日、帰宅した男性は自分の部屋の文机に自分自身が座っているのを見ました。
顔をのぞき込もうとすると、いきなり立ち上がって、障子の隙間から庭に逃げてしまったのです。

不思議に思って母親にそのことを話すと、母親の顔色が変わりました。
それからまもなく、男性は病に倒れ、そのまま帰らぬ人となったのです。
実は、男性の父親も祖父も、自分の姿を見て病になり、亡くなっていたのです。

同じような話は外国にも伝わっています。
ドイツのドッペルゲンガーが有名で、やはり自分の分身を見た者が死を迎える話が数多く伝わっています。

著名人の中にも自分の分身を見たという人がいます。
アメリカ合衆国元大統領エイブラハム・リンカーンもそうですし、日本では芥川龍之介が自分を見たと語っています。

生き写しやドッペルゲンガーは怪異現象として語られることが多いようですが、スイス・チューリッヒ大学のブルッガー博士らの研究によると、側頭葉と頭頂葉の境界領域はボディイメージを司るところで、ここに脳腫瘍ができると自己像幻視を見るケースが多いということです。

つまり、ドッペルゲンガーは、自分自身の脳が作り出した幻影だというわけです。
脳腫瘍が自己幻視をもたらしたとすると、死期が近いということも説明がつきそうです。

脳腫瘍そのものが死因となることもあるでしょうし、脳腫瘍によって体の機能に障害が生じ、それによって健康を害することもあるでしょう。
そう考えると、この説にも一理ありそうですね。


関連記事

  1. 夢占い…指に怪我をする・指をさされる・さす夢を見たら?
  2. 四大宗教の「金持ち」や「お金儲け」の考え方
  3. 自分が正しいと思っている人は一旦思考を停止させる必要がある?
  4. 自分の夢を口に出すことの大切さ
  5. ストレス解消法として「怒る」は禁物!?
  6. 友達が分からない…と感じたときには
  7. 鳥居をくぐるときの「一礼」と「足」について
  8. 「千社札」とはどんな意味を持つものなのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

A型男性とB型女性の相性は?2人の付き合い方には秘密があった!?

A型男性とB型女性…想像すると真面目で几帳面なA型男性と対照的に破天荒なB型女性のイメージが浮か…

つい仕事で後輩や部下にイライラしてしまう人へ…

例えば誰かとペアを組んで一つの仕事をする場合、相手の能力が低いことにイライラしたりはしませんか?……

「運がいい人」と「悪い人」の違いとは何か?

みなさんは自分自身のことを運がいい方だと思いますか?それとも運が悪い人間だと思っていますか?…

木村文乃の結婚相手…千葉大樹(演技指導講師)との相性を占う!

女優の木村文乃さん(30歳)がご結婚されたというニュースが飛び込みました。木村文乃さんと言えばド…

早口の人ってどんな人?話し方や口癖でわかる人の心理

あなたの周りにいませんか?、早口の人…それ以外にも、大げさな表現をする人や話の冒頭に「あの」をつ…

月別アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 相手に的確に伝える力のポイントはこれだ
  2. 苦手な仕事は断る方が仕事の質が上がるって本当?
  3. きちんとした服装をしている男性の心理や性格とは?
  4. 年末に「一夜飾り」をしてはいけない本当の理由とは?
  5. トラウマ理論は実は存在しない?!
Sponsored Links
PAGE TOP