ライフスタイル

人を強くする劣等感と人を弱くする劣等感

コンプレックスに悩まされた経験は、誰にでもあるでしょう。

コンプレックスはあまり良くないイメージに聞こえがちですが、適度に持っていることはとても大切なことです。
コンプレックスが人を日々成長させてくれるからです。

自分を成長させてくれる適度なコンプレックスは良い影響を与えてくれますが、人を弱くしてしまうコンプレックスも存在します。

それはどういうことなのでしょうか…。
それでは詳しく見ていきましょう。




Sponsored Links
 

人を強くする劣等感と人を弱くする劣等感


自分がみじめな存在に見えたり、他人への嫉妬に苦しんだり、そんな思いにとらわれるのは、珍しいことではありません。
こうした感情を劣等コンプレックスといいます。

これは辛く苦しい感情ですが、これがなければ、人間は現在のように繁栄することはなかったでしょう。
もっとよくなりたい、◯◯には負けたくないと思うからこそ、人は努力し向上することができます。
その気持ちの源が劣等コンプレックスなのです。

また、コンプレックスを克服するために、違うことで頑張って成果を上げることもあります。
たとえばルックスに自信がなかった男性が、楽器や歌の練習に精を出し、有名な歌手になった話などがそうです。
これを補償行動といいます。
要は、コンプレックスがあっても、その自分を認識し、乗り越えていくことで成長できればいいのです。

けれど、コンプレックスが強すぎると、問題となる場合があります。
極度に自信をなくしたり、課題に取り組む意欲を失うこともあるからです。

そしてもっと深刻な問題なのは、成長過程などで意識下に閉じこめられた、抑圧された強烈な感情がもたらすコンプレックスです。
たとえばひどいいじめを受けたり、虐げられた経験をした人が、そのときの心の傷を癒せずに抱えている場合などです。

こうしたなかには、トラウマが存在することも多く、恐怖や嫌悪、罪悪感、強烈な嫉妬や劣等感を伴います。
こうしたコンプレックスは、問題行動をもたらしたり、精神疾患を引き起こすともあります。

いろいろなコンプレックス

「シンデレラコンプレックス」
女性が男性に対して、助けてもらいたい、守って欲しいと思うこと。
依存欲求と自立欲求という、矛盾した二つの欲求を抱える。

「ロリータコンプレックス」
男性が性的に未発達な少女に対してゆがんだ性愛感情を抱くこと。

「白雪姫コンプレックス」
母親が、いけないとは知りながら子どもに身体的虐待を加え、その葛藤に悩むこと。



関連記事

  1. 間違ったお墓参りで運を失くしてる?大事なお墓参りのマナーと作法(…
  2. お金を貯めるために必要な心理(マインド)
  3. ローマ帝国でキリスト教が広まった理由とは?
  4. 仏教の伝播経路はどのようなものだったのか?
  5. 大勢の前でも緊張しないよう自分に暗示をかける方法とは?!
  6. 禅語「水到れば渠成る」の意味を知る
  7. 聖書に登場した「三賢者」とは一体何者なのか?
  8. O型「思考パターン」の長所・短所とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

パーソナリティーナンバーとは?その計算方法について

「パーソナリティーナンバー」は、あなたが周りの人からどう見られているか?…またどんな印象を与えて…

夢占い…腕を組む・腕をケガする夢を見たときは?

腕を組む夢を見た…腕をケガする夢を見た…腕に怪我をする夢を見た時は、何か不吉なことが怒るので…

心に余裕がない時の対処法にはこれが効く?!

日々の生活の中で、イライラしたり、不安になったり、焦ったりすること、ありますよね…

「無一物中無尽蔵」の意味を知って世の中を見つめてみる

「無一物中無尽蔵」…「むいちもつちゅうむじんぞう」と読みます。これは「無一物中無尽蔵 花…

恋愛成就ならココ!六本木のパワースポットと神社で恋愛運UP

都内在住の方なら六本木でデートしたことがあるかもしれません。オシャレなお店や話題のスポットなど六…

月別アーカイブ

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 風水における願いを叶える方法とは?!
  2. ブスだけどモテる女は男を落とす方法を自然とマスターしてた?
  3. 男子が好きな女の子にしかしない3つの言動があった!?
  4. O型男性の特徴と恋愛における攻略法とは?!
  5. A型「思考パターン」の長所・短所とは?
Sponsored Links
PAGE TOP