ライフスタイル

天橋立神社のパワースポットとご利益

パワースポットとして知られている天橋立神社をご存知でしょうか。

京都府宮津市文珠天橋立公園内に天橋立神社(橋立明神)はあります。

恋愛成就のパワースポットとして人気の天橋立神社…
ここでは、そんな天橋立神社のパワースポットとご利益に関してご紹介したいと思います。



Sponsored Links
 

パワースポット「天橋立神社」とは?


3474
突如としてあらわれた龍が、まるで海を二分しているかのような不思議な絶景…
天橋立は約7000本の松並木が続く3.2キロメートルの細長い砂洲と、波静かな宮津湾の美しい海が作り出す日本三景の一つです。
そして龍神の渡る道、天と地を結ぶ橋とも呼ばれる、この砂洲の入り口に天橋立神社は建ちます。

この神社の起原は文殊(もんじゅ)信仰が流行した平安末期から鎌倉時代にかけてのこと…
文殊堂境内に鎮守として祀られたのがはじまりとされていますが、かつて皇大神を祀っていた、元伊勢を移したという説もあり、はっきりとしたことはわかっていません。

そして、まばゆいほどの強い気を発しているこちらのお社は、三社参りの起点の場所です。
三社参りとは天橋立神社への参拝にはじまり、対岸の元伊勢籠神社、真名井神社を順番に御参拝することで、より大きな御神徳を生み出すというもので、このお社はその起点にふさわしい気質を備えた場所なのです。



Sponsored Links
 

パワースポット「天橋立神社」の御利益


3475
三社参りを志したなら、最初に天橋立神社を目指しましょう。
ここは小さいものの、特殊な御神気をまとうお社で、そのパワーを象徴的にあらわしているのが神社横にある磯清水(日本名水100選の一つ)の井戸です。

周りを海に囲まれた砂洲にありながら、真水が湧き出るという非常に不思議な霊泉で、それが意味している力は、朱にも交わらない純粋さと強さを感じます。
ここではぜひ、俗世の考え方から脱却することを意識してみてください。

私たちは日常で、見栄や競争、執着心、欲望などにとらわれて生活しています。
しかし、天橋立神社に赴くことは、俗世での考え方から抜け出すことを誓う第一歩…

自身の心に巣食うネガティブな思いを振り返り、うまくいかない出来事の本質や自分の足元を真摯に見つめ直すのです。
そのためにはバスやタクシーを利用するのではなく、天橋立の砂洲を自身の足で歩きながら、今の自分を振り返りつつ向かうのが良いでしょう。

目的地である天橋立神社は、覚悟を決め、今後の人生を大きく変えていくための発願の地なのですから。
こちらのお社で「自分本来の純粋さ」を取り戻すことができてこそ、ようやく次の二社へ向かうための門が開かれたといえます。

しっかりとした心構えて御参拝し、三社参りのスタートを切れば、やがてその覚悟に見合った見返りがいただけることでしょう。
人生がどうしても思うようにいかないときには、最後の切り札として、この三社巡礼の旅に出てみるのが良いかと思います。

ちなみに、もう一つの功徳としてあるのは、物事の吉凶を教えてくれる力です。
その人が自分に嘘を言っているのか、正しいことを言っているのか見極め教えてくれるという働きがあります。
何度かお参りしてしっかりと御縁ができれぱ、人生を歩むうえでそういった問題が起きた場合に、心の中で思い出してお願いすると答えをいただけるような頼もしい神様なのです。



関連記事

  1. ピンクや白の可愛い部屋で暮らす女はどんどん男が離れていくって本当…
  2. 2018年「日高火防祭」日程とアクセス(駐車場)
  3. 三三九度の盃を交わす意味や由来
  4. 本当にやりたいことを見つけるにはどうしたらイイか?
  5. 性格が強い・弱いで人を判断するべきではない?
  6. 自分に似合う服がわからないと思っているあなたへ
  7. カトリックの「聖人」認定の基準とは?
  8. 体型によって性格が変わる?体型と性格の関係性とは?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

四柱推命から占う「吉井和哉」と「眞鍋かをり」の結婚と離婚

シンガーソングライターで「THE YELLOW MONKEY」のボーカリスト吉井和哉さん(51歳)……

男に飽きられず嫉妬をさせるにはどうすれば良いか?

長年、付き合っているとどうしても倦怠期のような時期が生まれてしまいます。特にこの時期、男性が女性…

「A型✖蟹座」の性格や芸能人と言えばコレ?!

血液型や星座などから、その人の性格や相性などが見えてくることがあります。…

京都市上賀茂神社で行われる土解祭(ごげさい)について

京都市上賀茂神社(賀茂別雷神社・かもわけいかづちじんじゃ)で行われ、神社に今も残る豊作を祈願する儀礼…

仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?

仏(ほとけ)、もしくは悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を仏陀と言います。仏陀はサンスクリット…

月別アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 寝言に返事してはダメと言われる理由とは?
  2. 拈華微笑(ねんげみしょう)の意味から微笑みの大切さを知る
  3. ビジネスにおいての目の動きでわかる相手の心理とは?!
  4. 漫画家「浦沢直樹」の不倫は運命で決まっていた?!
  5. B型が仕事で成功するには?B型の仕事と特徴
Sponsored Links
PAGE TOP