ライフスタイル

ファティマ予言…「第三の予言」の内容とは?

1917年、ポルトガル中央部に位置する小さな村ファティマで事件が起こりました。
5月13日、この村に住む10歳の女の子ルシアと、そのいとこにあたる9歳のフランシコとヤシンタの3人は村から2キロ離れたコバ・ダ・イリアという窪地にで閃光に包まれた聖母マリアと出会ったのです。

そして聖母から毎月13日の同時刻に、この場所に来るように命じられた3人は、その言葉に従い、ひと月ごとにこの地を訪れては様々なメッセージを託されるようになりました。

噂は広まり、3回目の聖母出現となる7月13日、3人の子供たちは5千人もの人々が見守る中、「時期が来るまで口外してはならない」という条件とともに、重要なメッセージを授けられます。
以降、6回目の聖母出現までの間にもたらされたメッセージが「ファティマ予言」なのです。

最後の出現となった10月13日…
大雨の中、欧州中からあらゆる人々がコパ・ダ・イリアに詰めかけ、その数は10万人にも達したといいます。

聖母出現に先立って閃光がひらめき、周囲はバラの香りに包まれたとか…
聖母と子供たちとの対話が開始されましたが、群衆には聖母の姿は見えず、声も聞こえませんでした。

しかし、対話が終わると大雨は止み、雲間から青空がのぞくと、そこから銀色に輝く見慣れぬ太陽が現われ、稲妻のようにジグザグに降下した後、再び上昇し青空に消えたのです。

本物の太陽が輝きはじめたころ、群衆にも奇跡が起きていました。
濡れていたはずの自分たちの服はもちろん、周囲の木々や地面が完全に乾燥していたのです。

この様子はファティマから数10キロ離れた場所でも、大勢の人に観察されたと伝えられています。
メッセージの内容とともに、群衆の身に起こった奇跡的な事象を受けて、カトリック教会は聖母出現を公認…
のちに5月13日をファテマの聖母出現記念日と定めています。

また、聖母と対話後まもなく病死したフランシスコとヤシンタは、2000年ヨハネ・パウロ2世により列福(福者と認められる)され、2005年に97歳で他界したルシアも、2008年ベネディクト16世により列福調査の開始が許可されました。

列福調査は通常、該当者の死後5年経過してからの開始となるのですが、教皇はこれを免除…
早期列福の調査はヨハネ・パウロ2世、マザー・テレサに次ぐもので、バチカンがファティマの出来事をいかに重要視しているかがうかがえます。

ファティマにて聖母からもたらされたメッセージは、事件発生から25年後の1942年にバチカンから発表されました。
第一次大戦の終結や、第二次大戦の勃発から原爆使用による悲劇的な終結などを示唆するもので、いずれも細部にわたり的中しており、それぞれ第一の予言、第二の予言と言われています。

そして第三の予言は1960年まで公表してはならないと条件がつけられており、その内容は発表されませんでした。
しかし、1960年を過ぎても第三の予言が公表されることはなく、一部分を除いて現在もその内容は秘密にされています。
そのため、人々の間で様々な憶測を呼ぶことになりました。

第一、および第二の予言が大戦について述べられていたため、第三の予言も第三次世界大戦について語られているのでは?と、多くの識者が推測したのです。
公表されたメッセージの中には、冷戦によるロシアの暴走に関する記述とロシアの回心や奉献について触れられており、これらの点もこの推測の裏づけとなっていました。

2000年5月、バチカンはファティマ第三の予言について「懸念されていた危機と対応は完結している」と公表…
当時の教皇ヨハネ・パウロ2世も著作「記憶とアイデンティティー」の中で、ファティマのメッセージの全容にしての解釈を開示しています。

また2005年に発表された遺言の中でも「核戦争なしに冷戦終結を迎えたことは神の摂理だ」と神への感謝を述べました。
このため、やはり第三の予言は世界大戦を示唆するものであり、すでに予言により大戦勃発を回避できたのだとも考えられるのです。



関連記事

  1. 食べ物を「噛む」ことはメリットだらけ?!
  2. メシア(救世主)とは何を意味するものなのか?
  3. 空気が読み方がわからなくなってしまった人へ…
  4. 着る服がその人の心理的効果に大きな影響を与えてしまう件
  5. 心の病である依存症の原因について
  6. 「噂(うわさ)」を信じる人々の心理とは?
  7. なぜ宴会の最後には「手締め」がお決まりなのか?
  8. シク教とは?シク教の特徴と歴史について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「3月20日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

パワーストーン「ダイオプテース」の効果や浄化方法

「ダイオプテース」はギリシャ語で「透き通っている」という意味のダイオブテイアが、名称の語源となってい…

恋愛を活かせるマッチングセオリー心理学

あなたは恋愛をする相手として、自分に合っている人はこんな人だ!と言えますか?こんな人とは絶対…

2018年凧市(王子稲荷神社)の時間とアクセス(駐車場)

東京都北区岸町にある神社、王子稲荷神社では2月の午の日に「凧市(たこいち)」が開催されます。今年…

今までの習慣を捨て新しい自分に生まれ変わるには・・・

人はなかなか習慣を変えることができません。その習慣を何年も続けてきたとしたらなおさら難しいかもし…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 友達が分からない…と感じたときには
  2. 風水の効果を上げる秘訣は「受け入れる」ことって知ってた?!
  3. パワースポット「富士山本宮浅間大社」のご利益
  4. 占星術から占う「蛯原友里」と「ILMARI」の結婚と離婚
  5. 弘前公園「雪灯籠祭り」と開催時間について
Sponsored Links
PAGE TOP