ライフスタイル

男はなぜ女に暴力 をふるってしまうのか?…

いまだに問題の多い男性の女性に対する暴力事件・・・・。

ニュースになることが多いですが、世間一般の家庭でも大なり小なりの暴力問題を抱えている家庭も多いのが事実です。

男性が女性に手をあげるなどは、絶対あってはならないことです。(もちろん逆もそうですが・・・・)

しかし、いまだに耐えないこの問題。
そこで今回は、男性はなぜ女性に暴力をふるってしまうのか、について考えてみましょう。

男はなぜ女に暴力をふるってしまうのか?…


日本の社会問題のトップに台頭してきた男性の女性に対する暴力…
日々のニュースに取り上げられていない日はないほど日常化しているとも言えるでしょう。

しかしそれは、ほんの一部かもしれません。
ある家庭においては毎日の出来事であり、ニュースにならないほどに慢性化しているのか、それとも少し軽いものであるか、という程度の違いだけで、実際は訴訟を起こされているのかもしれないからです。

夫婦間の問題ばかりではありません。
恋人たちの間にも、そんな事件が日常的にくり返されているのではないでしょうか。

中には男性が女性をぶったあと、本当に男性が泣き出しています。
そういうケースが多いのです。

これは一種の説得であり、アピールなのかもしれません。
男性が女性に手を出すのはいけないことだ、とはすべての男性が思っているでしょう。

絶対、女性に対して暴力をふるってはいけない…
と頭ではわかっているのです。

でも、何かの拍子に、自分の言いたいことがうまく伝わらなくて手を出してしまうのです。
男性は女性に比べたら話すのが下手です。

女性が立て板に水のごとく攻撃してきたときに、言葉で返そうとしても、うまく言葉が続かないのです。
そんな自分に苛立ち、つい手を出してしまいます。

そして、すぐに自己嫌悪にさいなまれるのです。
「僕が暴力をふるうなんて自分でも信じられない。なんてことをしてしまったんだ…」と。

女性を守るべき立場の自分が、女性に暴力をふるったのです。
そのショックは想像に難くありません。

自分という人間が、根底から崩れていくような感覚です。
後悔、絶望、羞恥、嫌悪、怒り、心から女性にすまないと詫びる気持ちいたたまれないほどの惨めな気持ち…

あらゆる感情が一気に押し寄せ、押し潰されます。
そして涙が出てくるのです。

おそらくその時は本当に心から女性に謝罪し、もう二度としたくないと思うでしょう。
けれども、弱い男性は自分を抑えきれずに、また同じことをくり返します。
これ男性が女性に暴力をふるうメカニズムの一つであり、同時に根が深い社会問題でもあるのです。



関連記事

  1. 世界中の人が信仰する「宗教」とは何なのか?
  2. 「笑い方」でわかる男性の性格とは?
  3. 夢や目標に近づくには絵を描くことが効果的とは?!
  4. インド人がみんなターバンを巻いているわけではない件
  5. 「松花堂弁当」という名前の由来とは?
  6. 2018年「いわて雪まつり」の日程と詳細
  7. 運が悪くなる「キラキラネーム」で親が後悔している割合が5割?!
  8. 外見や仕草からわかるその人の心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

悩みを相談してもいつも解決しない人へ…

悩みを相談してもいつも解決しない…単に相談するだけで、答えが出ないと悩んでいる人はいませんか?…

奇跡は1ヵ月に1度起きている…リトルウッドの法則

奇跡…その言葉を聞くと、人生でそんなときが何度あるのだろう?と感じてしまいます。「奇跡が起これば…

嫌なことには必ず意味がある理由とは?!

生きていると楽しいことばかりではなく、辛いこと、悲しいこともたくさんあります。…

引きこもりを脱出させるきっかけは「おむすび」?!

最近の調べで、15~34歳の若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない者)…

お寺の「坊主」「住職」「和尚」は何が違うのか?

お墓参りや法要などで、よくお寺の住職にお会いする機会は多いかと思います。その際、あなたはどんな風…

月別アーカイブ

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. カラーセラピーと日本人
  2. 「別に…」「だから…」などが口癖の人の心理
  3. 人相学とは?…人相でわかるその人の性格
  4. 初対面の人に平気で話かけられる心理って一体…
  5. 2018年「くらやみ祭り(府中市)」時間帯とその歴史
Sponsored Links
PAGE TOP