風水・開運

イライラが収まらない時の対処法として効果がある方法とは?!




日々生活していると様々なことが起こります。

このストレス社会と言われる中で、毎日穏やかな気持ちで生活できている人の方が少ないかもしれません。

そしてみなさんそれぞれにイライラした時やムカムカした時の解消法を身につけているでしょう。

友達に話しを聞いてもらったり、カラオケで大きな声で歌ったり、好きなものを食べに行ったり、など。

しかし、それでもどうにも納まらないこともありますよね。

そんな時にぜひ試していただきたい対処法があるのです。




Sponsored Links

イライラが収まらない時の対処法として効果がある方法とは?!


ふつふつとした怒りがどうしても収まらない時、ありますよね?

イライラやムカムカがなぜ膨らんだり、なぜいつまでも気になったりするかというと、「連想」してしまうからです。

足を踏まれたら、「イタイ!」と思って、じんじんするのが治まるの待っていたら、数分もしないうちに、何事もなかったかのようになります。

けれど、「なに、あの人。謝りもしないで!」、「なんでこんなひどいことが?」、「私が何をしたっていうの?」、「今日は運が悪い日?」、「そういえばこのところ、悪いことばかり起こる」……思考が走れば走るほど、イヤな思いが長続きしてしまいます。

人によっては「これは何かのメッセージかもしれない」と意味づけをしたり、「以前誰かを傷つけたカルマを解消しているのかもしれない」と前向きにとらえる人もいるかもしれません。

でも、「思考する」というのは、人間の特権でもあるのですが、それで頭をパンパンにしていたら、直感も受け取りにくくなるし、ひらめきも起こりません。

そこで頭をすっきりさせるために、「感じきる」ということを勧めています。

イライラしたり、モヤモヤしたり、悲しくなったりしたとき、否定も肯定も意味づけもせず、ただ感じるのです。

「そういえば」と思考し始めたらストップして、「心臓がドキドキしているな」、「呼吸が早いな」、「眉間にしわが寄っているな」という体の状態や、「モヤモヤしているな」というような、自分の感覚にだけ集中するのです。

すると、膨らまない思いは、5分もたたないうちに心からだんだん消えていくのです!

ぜひやってみてください。
深呼吸しながらだと、さらに効果がアップします!

「感じる」だけで、「思う」のをやめると、エネルギーが消えていくこの方法、ぜひ試してみてください。




Sponsored Links


関連記事

  1. パワーストーン「クリスタル」の効果や浄化方法
  2. 邪気の浄化方法は植物など自然に触れ合うことで効果を増す?!
  3. パワーストーン「ターコイズ」の効果や浄化方法
  4. 部屋の掃除がめんどくさい時の意外な解決策とは?!
  5. 寝室はパワースポット…パワーを高める5つのポイント
  6. パワーストーン「アメシスト」の効果や浄化方法
  7. パワーストーン「クリソコラ」の効果や浄化方法
  8. 金運を上げるにはお札の番号を控えるべし!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

アラサー女性が「年下男性」に異常にモテるワケとは?

男性は基本的に若い女性が好きなものです。あなたの周りを見ても、たいていの男性は自分と同じ年か、そ…

カトリックの「ミサ(聖餐)」の大まかな流れとは?

ローマ教皇を中心として全世界に12億人以上の信徒を有するキリスト教最大の教派「カトリック」…その…

男がもっと話を聞いていたいと感じる女とは?

女性同士の会話は、とても長いです。5時間でも6時間でも話し続けていられるでしょう。しかし…

パーソナリティーナンバーに「3」を持つ人の印象とは?

パーソナリティーナンバーに「3」を持つ人は、表現力が豊かで、華やかな雰囲気を持っているでしょう。…

「3月17日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

月別アーカイブ

2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. おまじない…いつも彼氏に振られる女性のために
  2. 木村文乃の結婚相手…千葉大樹(演技指導講師)との相性を占う!
  3. 「絶対に」「要するに」が口癖の人の心理とは?
  4. ファーストフードが好きな人と健康食が好きな人との違いとは?
  5. 「A型×魚(うお)座」男性の取り扱い説明書
Sponsored Links
PAGE TOP