風水・開運

イライラが収まらない時の対処法として効果がある方法とは?!




日々生活していると様々なことが起こります。

このストレス社会と言われる中で、毎日穏やかな気持ちで生活できている人の方が少ないかもしれません。

そしてみなさんそれぞれにイライラした時やムカムカした時の解消法を身につけているでしょう。

友達に話しを聞いてもらったり、カラオケで大きな声で歌ったり、好きなものを食べに行ったり、など。

しかし、それでもどうにも納まらないこともありますよね。

そんな時にぜひ試していただきたい対処法があるのです。




Sponsored Links

イライラが収まらない時の対処法として効果がある方法とは?!


ふつふつとした怒りがどうしても収まらない時、ありますよね?

イライラやムカムカがなぜ膨らんだり、なぜいつまでも気になったりするかというと、「連想」してしまうからです。

足を踏まれたら、「イタイ!」と思って、じんじんするのが治まるの待っていたら、数分もしないうちに、何事もなかったかのようになります。

けれど、「なに、あの人。謝りもしないで!」、「なんでこんなひどいことが?」、「私が何をしたっていうの?」、「今日は運が悪い日?」、「そういえばこのところ、悪いことばかり起こる」……思考が走れば走るほど、イヤな思いが長続きしてしまいます。

人によっては「これは何かのメッセージかもしれない」と意味づけをしたり、「以前誰かを傷つけたカルマを解消しているのかもしれない」と前向きにとらえる人もいるかもしれません。

でも、「思考する」というのは、人間の特権でもあるのですが、それで頭をパンパンにしていたら、直感も受け取りにくくなるし、ひらめきも起こりません。

そこで頭をすっきりさせるために、「感じきる」ということを勧めています。

イライラしたり、モヤモヤしたり、悲しくなったりしたとき、否定も肯定も意味づけもせず、ただ感じるのです。

「そういえば」と思考し始めたらストップして、「心臓がドキドキしているな」、「呼吸が早いな」、「眉間にしわが寄っているな」という体の状態や、「モヤモヤしているな」というような、自分の感覚にだけ集中するのです。

すると、膨らまない思いは、5分もたたないうちに心からだんだん消えていくのです!

ぜひやってみてください。
深呼吸しながらだと、さらに効果がアップします!

「感じる」だけで、「思う」のをやめると、エネルギーが消えていくこの方法、ぜひ試してみてください。




Sponsored Links


関連記事

  1. 風水パワーを高める「キッチン(台所)」の4つのポイント
  2. これが開運収納?絶対にやってはいけない5つの風水NG
  3. 気(良い気・悪い気)と浄化について
  4. 「オフィスのデスク」でやってはいけない風水のNG
  5. なかなか物を「捨てられない」人が思い切って捨てるには?!
  6. 九花宮数とその計算方法について
  7. パワーストーン「アメシスト」の効果や浄化方法
  8. 幸せになるためには周りを好きなものばかりにすると効果抜群?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「一富士二鷹三茄子」の続きは「四〇五〇六〇」?!

よく言われる話に「正月に縁起の良い夢が見られると、その年は幸運に恵まれる」…というものがあります…

「苦労は買ってでもしろ」と言われる本当の意味とは?

誰だって大変な思いや苦労はしたくありませんよね?…やる前に大変な道だとわかっていたらその道を選択…

「般若心経(はんにゃしんきょう)」とは何か?

仏教経典は実に約8万4000種類もあるとされています。その中で日本人にも馴染み深いのは「般若心経…

「桐だんす」が日本で重宝されるわけとは?

箪笥(たんす)は、衣類や道具を収納するための、引き出しや扉を備えた家具です。中でも「桐箪笥(きり…

パワーストーン「シトリン」の効果や浄化方法

「シトリン(citrine)」は日本では「黄水晶(きすいしょう)」と呼ばれているように、黄金色の輝き…

月別アーカイブ

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. パワーストーン「ロードナイト」の効果や浄化方法
  2. 言い訳をしない事と引き換えに得られるもの
  3. 17日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  4. 本当にやりたいことを見つけるにはどうしたらイイか?
  5. 男女と距離と心理の関係…あの人とは恋人?友達?
Sponsored Links
PAGE TOP