ライフスタイル

日本の「お年玉」の起源はお餅だった?!

子どもにとってお正月のいちばんの楽しみといえば、年長者からもらうお年玉でしょう。
今や、お年玉は子供の重要な収入源となっていますが、もともとは神様からの賜(たまわ)り物でした。
年神様にお供えしたものの代償としていただく魂がお年玉だったのです。

古くは、家族の数だけ神棚に供えた丸餅をいただきました。
その丸餅が年神様から魂をいただくという意味で「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたことが起源といわれています。

ある地方では、年神様に扮(ふん)した村人が元日に各家をまわって、子供たちに丸餅を配る風習が残っています。
その丸餅を「年玉」といい、こうした風習が現代のお年玉につながっていったのです。

丸餅をいただくお年玉が贈答儀式になったのは、室町時代以降です。
年のはじめに、太刀や酒、硯(すずり)、筆、紙など、男の子にはつちの形に似たおもちゃ、女の子には羽子板などが贈られるようになりました。
現在のように、金銭を贈るようになったのは、ずっと歴史が浅く、戦後になってからです。

もともと年神様にお供えした丸餅が家長に降ろされ、それを家族に分け与えるものですから、目上の者から目下の者にあげるというしきたりがあります。
お年寄りの方に差し上げるときには、お年玉ではなく、「御祝儀」や「新年御挨拶」とポチ袋に書きます。

神様の魂を分け与えるわけですから、お年玉を渡す人は心から祝福しながら渡してあげましょう。
いただく方は、お返しは不要ですが、魂をいただいたのですから、きちんと礼を述べ、有意義な使い方をするのが理想なのです。



関連記事

  1. 相手の言葉を正しく理解する2つの技術と7つの動作
  2. 「松花堂弁当」という名前の由来とは?
  3. 男の本音は全然違う!?どうして男は反対のことを言ってしまうの?
  4. なぜ「7」はラッキーナンバーとして特別扱いされるのか?
  5. 整形手術にはどのような意味合いがあるのか?
  6. 天台宗とは何?…祖・最澄と天台宗のこれまで
  7. コミュニケーション能力を高める為に必要な考え方とは?!
  8. 北海道神宮のご利益からアクセス(駐車場)まで

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

幸せになる日記の書き方で毎日をハッピーに!

あなたは日記を書いていますか?もし、以前から日記は書き続けている、という方はそのまま続けましょう…

ソウルナンバー「2」を持つ人の性格とは?

ソウルナンバーに「2」を持つ人は、「良好な人間関係」が保たれていることに安心するでしょう。そして…

夢占い…王子・王女になる夢を見たら?

王子になる夢を見た…王女になる夢を見た…その他にも知人が王子や王女になる夢を見た…そのよ…

「3月15日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

心臓疾患にかかりやすいタイプは性質でわかるってホント?

心臓疾患・・・・。恐ろしい病気ですよね。心筋梗塞などは何の前触れもなく、突然倒れたりする…

月別アーカイブ

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 11日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  2. 生年月日から占う「秋山成勲」と「SHIHO」の結婚と離婚
  3. 職場にいる「セクハラ発言をする人」は2つのタイプがある?その対処法とは?!
  4. 心と体のバランスを整える呼吸法と良質な睡眠をとるには?!
  5. 外見や仕草からわかるその人の心理
Sponsored Links
PAGE TOP