ライフスタイル

日本の「お年玉」の起源はお餅だった?!

子どもにとってお正月のいちばんの楽しみといえば、年長者からもらうお年玉でしょう。
今や、お年玉は子供の重要な収入源となっていますが、もともとは神様からの賜(たまわ)り物でした。
年神様にお供えしたものの代償としていただく魂がお年玉だったのです。

古くは、家族の数だけ神棚に供えた丸餅をいただきました。
その丸餅が年神様から魂をいただくという意味で「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたことが起源といわれています。

ある地方では、年神様に扮(ふん)した村人が元日に各家をまわって、子供たちに丸餅を配る風習が残っています。
その丸餅を「年玉」といい、こうした風習が現代のお年玉につながっていったのです。

丸餅をいただくお年玉が贈答儀式になったのは、室町時代以降です。
年のはじめに、太刀や酒、硯(すずり)、筆、紙など、男の子にはつちの形に似たおもちゃ、女の子には羽子板などが贈られるようになりました。
現在のように、金銭を贈るようになったのは、ずっと歴史が浅く、戦後になってからです。

もともと年神様にお供えした丸餅が家長に降ろされ、それを家族に分け与えるものですから、目上の者から目下の者にあげるというしきたりがあります。
お年寄りの方に差し上げるときには、お年玉ではなく、「御祝儀」や「新年御挨拶」とポチ袋に書きます。

神様の魂を分け与えるわけですから、お年玉を渡す人は心から祝福しながら渡してあげましょう。
いただく方は、お返しは不要ですが、魂をいただいたのですから、きちんと礼を述べ、有意義な使い方をするのが理想なのです。



関連記事

  1. 熱海のパワースポット「伊豆山神社」のご利益
  2. 前掛けをしたお地蔵さんは何の神様なのか?
  3. 16日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運…
  4. 恋愛心理で錯覚が起きてしまう理由とは?
  5. イエスが出った天使とは?
  6. 道教とは何か?…道教の教えとその歴史
  7. 達磨の「無功徳」の意味を知り自らをあらためる
  8. 自分自身への破壊願望を持ってしまう原因とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

自己暗示の効果を心理学の面から考えてみる

自分自身で暗示をかける…潜在意識に自分のありたい姿を伝える…みなさんは自己暗示について考えた…

姓名判断から占う「榮倉奈々」と「賀来賢人」の相性と結婚

女優やタレント、ナレーターやファッションモデルの肩書を持つ榮倉奈々さん(29歳)…俳優の賀来賢人…

簡単な開運方法…「バンザイ」と「グリコダッシュ」

喜びや祝いを表す動作などを指していう言葉バンザイ(万歳・萬歳)…素晴らしくいいことがあったとき、…

「O型×水瓶(みずがめ)座」男性の取り扱い説明書

「O型×水瓶(みずがめ)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、ど…

2018年湯沢「犬っこまつり」の由来やアクセス(駐車場)

約400年もの長い間続いたといわれる湯沢地方の民俗行事「犬っこまつり」…毎年20万人ほどが訪れる…

月別アーカイブ

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 夢占い…大きい月や欠けていく月を夢に出てきたら?
  2. 実際のところオーラってあるの?ないの?
  3. 奥州市水沢「くくり雛まつり」の歴史
  4. 他言禁止!…カップルを別れさせる呪いとその効果
  5. 「春のお彼岸」2018年はいつからいつまでなの?
Sponsored Links
PAGE TOP