ライフスタイル

夢を現実に近づけるとっておきの方法とは?!




あなたはきっと大なり小なり、素敵な夢を持っていることでしょう。

将来大きい家に住みたい。
英語を話せるようなって世界に羽ばたきたい。
素敵な彼氏(彼女)を作って、幸せな毎日を送りたい。

このようにいつか叶えたいと思っている様々な夢があるかと思います。

そこで今回は、簡単にできて夢にグッと近づくとっておきの方法をご紹介したいと思います!




Sponsored Links

夢を現実に近づけるとっておきの方法とは?!


夢を叶えるには、もちろん努力が大切です。
努力して手に入れるからこそ、その夢はとても価値のあるものになり、達成感を味わうことができます。

しかし、その前にあらかじめ夢にグッと近づいておける方法があります。

自分の夢が叶った____その瞬間のシーンを事細かに空想することです。
それは想念となって潜在意識に刻印されます。
すると、想念を受けとった潜在意識は、思考を現実化させようとして、その方向へ向かって働きだすようになります。

ここで、もうひと押し。
夢が向こうから近づいてくる、とっておきの秘訣をお教えしましょう。

夢が叶った瞬間を、ドラマティックなストーリーにして空想するのです。
そうすることで想念のパワーがグンと高まります。

やり方は簡単です。
「起承転結」に当てはめて、物語を組み立てるだけ。

ちなみに、起承転結というのは、ストーリーの展開要素のこと。
「起」で話が始まり、「承」で「起」の話を進展させ、「転」 で意を転じて発展させ、「結」で締めくくります。

例えば、「一戸建ての家に住みたい」という願望があるなら、叶ったところを、こんなストーリーにして、想像してみるのです。

起→友人がたくさん家に訪ねてきてくれる。
承→家の中を案内して、こだわりの間取りや家具を披露する。
転→友人からステキなプレート皿のプレゼントがもらえる。
結→友人のくれたお皿を使って、早速新居でホームパーティ!家も、料理の腕前も褒められて大満足となる。

こんな感じの簡単なストーリーをそれぞれ1分、計4分間くらいで、現実にそうなったかのように、具体的に、細部にわたってイメージしてみましょう。

そして、一日に何度か、心の中の映画館でこのフィルムを上映しながら、「これは未来の私」と、自分に語り聞かせます。
それは、強烈な想念となって潜在意識に刻み込まれ、夢や希望が叶う日が、刻一刻と、確実に近づいてくるのです。

ぜひシナリオライターになったつもりで、楽しいストーリーを考えてみましょう!




Sponsored Links


関連記事

  1. つまようじに溝がある理由は「置くため」ではナイ?!
  2. ヨハネの黙示録(ヨハネのもくしろく)とは
  3. 青森県ねぶた祭りの歴史とアクセス(駐車場)
  4. パワースポット「春日大社」の属性とおすすめの場所
  5. 「13」が縁起が悪い理由などなかった?!
  6. 他人に酷いことをする人はあなたにもする可能性が十分にある
  7. 悩みを相談してもいつも解決しない人へ…
  8. 茶道の心「和敬清寂」の精神を日常生活に取り入れる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「O型×射手(いて)座」男性の取り扱い説明書

「O型×射手(いて)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、どんな…

「O型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書

気になる人や好きな男性の性格、恋愛観を知りたい!と思ったことはありませんか?…

幸せになる女性がこっそり続けている3つの習慣

人は皆、誰もが幸せになりたいと心の中で望んでいます。けれども、みんながみんな幸せになれるわけでは…

整形手術にはどのような意味合いがあるのか?

「人は見かけで判断してはいけない」…確かに大切なことではありますが、心理学的に見ると残念ながら人…

干支の意味や由来について…

干支(えと)は皆さん、ご存知ですよね?子、丑、寅、卯、辰、巳…と、実は正確に言うと、これ…

月別アーカイブ

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. マディソン郡の橋とロバート・ジェームズ・ウォラー
  2. 禅語「水到れば渠成る」の意味を知る
  3. 夢占い「花瓶に活けられた花」や「花をもらう」夢を見たら?
  4. 日本人が桜を好きな理由とは何か?
  5. 気になる男性が同性愛者だったときに取るべき3つの選択
Sponsored Links
PAGE TOP