ライフスタイル

山菜採りに花見と春の晴明(せいめい)を楽しもう

厳しい冬を越え、待ちに待った春の季節がやってきます。

ポカポカと暖かくなり、花見や山菜採りに、楽しいことが目白押し。
どんどん野外に出かけたくなりますよね。

そこで今回は二十四節気(にじゅうしせっき)の一つである清明(せいめい)について触れていきたいと思います。

まず二十四節気(にじゅうしせっき)とは、1太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したものを言います。

晴明とは、二十四節気の一つで、現在広まっている定気法では太陽黄経が15度のときで4月5日ごろとなります。
暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とします。

それでは晴明についてより詳しく見ていきましょう。




Sponsored Links
 

山菜採りに花見と春の晴明(せいめい)を楽しもう


二十四節気(にじゅうしせっき)の一つ清明(せいめい)は旧暦(太陰太陽暦)3月の節気で、天文学的には太陽が黄経(こうけい)15度の点に達したときです。

清明の語源は晴浄明潔です。
清明は白露(はくろ・9月8日ころ)とともに、二十四節気のなかでもっとも美しい名称といえるのではないでしょうか。

清明の前後はうらうらとした桜の時期で、日本列島が桜の花に包まれます。

このころの天気・気象のキーワードは、「花曇り」と「朧月夜(おぼろづきよ)」です。
空に春霞(はるがすみ)がかかって、遠景ははっきりとは見えません。
花も霞も雲も一体となって定かでない景色を花曇りといいます。
そして、昼間の霞と同じく靄(もや)などで、夜はぼんやりとした朧月夜となります。
言いえて妙といえるでしょう。

中国では晴明の日を晴明節と呼び、祖先の墓参りをし、草むしりをして墓の掃除をする日でした。
日本では彼岸に墓参りをしますが、沖縄では晴明節をウシーミー(御晴明)といい、親族こぞって墓参りをし、先祖の墓(門中墓・「むんちゅうばか」という)の前で食事を楽しみます。
これは近世になって中国の風習が入り、沖縄の祖先祭祀と習合したものと考えられます。

春の暖かい雨が降り注いで、若芽が出る陽春のこの時期は、山菜が豊富に採れます。
家族で散策がてら野山へ出かけて、蕗の薹(ふきのとう)、蕨(わらび)、楤(たら)の芽、薇(ぜんまい)、独活(うど)、三葉(みつば)、虎杖(いたどり)、土筆(つくし)などの野草を摘んで食べるのは楽しいものです。
山菜には概して灰汁(あく)がありますが、上手に灰汁抜きをして春の食べ物独特の苦みを味わってください。
春に芽吹く野草は、大地の生命力に満ちたこのうえなく健康的な食材です。



関連記事

  1. ブランド品を選ぶ人はどんな性格なの?
  2. 友人と一緒にいるときや食事の注文の仕方で性格が見抜ける件
  3. 茶席でもおなじみの禅語「喫茶去」の意味
  4. つまようじに溝がある理由は「置くため」ではナイ?!
  5. 流れ星が願い叶うと言われる理由とは何か?
  6. 2018年「横手かまくら祭り」の歴史やアクセス(駐車場)
  7. 悪い言葉の影響を浄化するには「ツルカメ、ツルカメ」
  8. 話をやめるタイミングを決める相手の仕草や心理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

他人から評価を求めることはやめにしましょう

人が自分のことをどう思っているの?…どんな評価をしているのか?…確かに気になるところです。…

キリスト教の聖人「ゲオルギウス」とは?

キリスト教には様々な聖人がいるが、勇敢にもドラゴンを退治したという伝説を持つ聖人がいます。それは…

つい、笑顔を忘れてしまう人へ…

社会に出て働いているとストレスを感じいることが多いですよね。働いている方のみならず、学生の方でも…

食べ物にも風水を取り入れ良い運気を呼び込もう!

運気をアップさせたい、という思いから日常に風水を取り入れている人も多いのではない…

「演技性人格障害」の人が有名人の名前を出す理由

「演技性人格障害」または「演技性パーソナリティ障害」という言葉をご存知でしょうか?演劇的あるいは…

月別アーカイブ

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 騙すより騙されたい?「お人好し度」を診断する心理テスト
  2. 「不幸自慢」する人の心理って一体…?!
  3. プライベートから仕事への切り替えが上手くできない人へ
  4. 茶道の心「和敬清寂」の精神を日常生活に取り入れる
  5. 仕事を楽しんでいる人は自ら楽しみを見つけられる人
Sponsored Links
PAGE TOP