風水・開運

運気が下がる?!周りにいるこのタイプの人には気をつけよう!




邪気は人から人へと移ります。

最近特に大きなトラブルもないのに、なんだか気分が乗らない、落ち込むことがよくある…と感じた時、知らず知らずの間に、周りの人から邪気を受けているのが原因かもしれません。

良い気を受けるのは良いですが、邪気はできればもらいたくないですよね。

そこで、邪気を受けやすいシュチュエーションというのがあります。

一体どんな場面で最も邪気を受けやすくなるのでしょうか。




Sponsored Links

運気が下がる?!周りにいるこのタイプの人には気をつけよう!


邪気を受けやすい困ったシチュエーション……
それは、人からの「相談」という形でやってきます。

友達から相談を受けることも多いし、それは断れないよ…という人もいるかもしれませんが、安心してください。
ひと口に相談とは言っても、相談すべてが悪いわけではありません。
時として、または人によってはこの「相談」にも質の違うものがあるのです。

最初は、どうにか問題を解決したい一心で、あなたの意見を求めに相談に来ていることでしょう。
あなたもその人の立場に立って一生懸命考えて、解決策をアドバイスしてあげますよね。

しかし、2度、3度と同じ人がやって来て、いくらあなたが一生懸命考え、アドバイスをしてあげても、あなたの意見を聞くのではなく、その人の上手くいかない理由を長々と話し出すようになると、注意が必要です。

たいていの場合、そういう人はいくら親身になってアドバイスや意見を伝えても、肝心の「行動」をしません。
そしてなぜ行動できないのか、その理由をまた長々と話し出したりします。

実に言い訳ばかりを話すのです。

そして、その人と別れた後は、どっと疲労感が襲ってきます。
気力、体力ともに吸い取られた感じになります。
この状況は、相談を受けているあなたが言葉による邪気を受けているということです。

こういう人のことを、「運気泥棒」と言い、かかわっている間はずっと運気と体力を奪われ、疲労感で気分が落ち込んできます。
「運気泥棒」にかかわるぶんだけ、自分の体と人生が邪気で満ちてしまいます。

あなたの人生の限りある大切な時間を奪われることにもなりますので、こういう人とは一定の距離を置く必要があります。

このような邪気を吸い取るタイプの人を知っておくと、回避できるので、知らず知らずの間に運気が悪くなる…ということはなくなります。

相談に乗ってる最中に、なんだかこの人おかしいな、言い訳ばかりしているな、と感じたら、その人とは距離を置くようにしましょう。




Sponsored Links


関連記事

  1. パワーストーン「オレンジカルサイト」の効果や浄化方法
  2. 神社には二十一日連続参拝するのが効果的?
  3. パワーストーン「ローズクオーツ」の効果や浄化方法
  4. 教えて!風水の「気」の流れや良い気・悪い気
  5. 誰でも簡単にできる運が良くなるおまじない(ポーズ)
  6. 風水パワーを高める「キッチン(台所)」の4つのポイント
  7. パワーストーン「マラカイト」の効果や浄化方法
  8. パワーストーン「ペリドット」の効果や浄化方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

エデンの園のアダムとイブそしてノアの方舟について

旧約聖書「創世記」に記された最初の人間…天地創造の終わりにヤハウェによって創造されたとされていま…

「A型×乙女(おとめ)座」男性の取り扱い説明書

「A型×乙女(おとめ)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はど…

キリスト教の七つの儀式と洗礼について

ナザレのイエスをキリスト(救い主)として信じる宗教…それがみなさんご存知の「キリスト教」ですね。…

「AB型×射手(いて)座」男性の取り扱い説明書

「AB型×射手(いて)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、どん…

買い物を失敗したとき…なぜ人は認めないのか?

「大流行の某ブランドのバッグを3か月待ちでようやく手に入れた!」…欲しくてたまらなかったものが手…

月別アーカイブ

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「A型で兄弟姉妹が二人以上の男性」の性格や恋愛成就の秘策とは?!
  2. 意中の男性を落とすにはスリルを味わせると効果があるって本当?
  3. 「色即是空」の意味を簡単に学ぶ
  4. ネット依存になっていませんか?ネット依存症の原因と対策
  5. ヒンドゥー教のドーティーとサリー
Sponsored Links
PAGE TOP