キャリア

ケアレスミスをなくす方法を知り信頼される仕事ができる人になろう

一生懸命仕事をしているつもりなんだけど、どうしてもケアレスミスが多くなってしまう….と悩んでいませんか?

いくら頭が良くても仕事ができても、些細なケアレスミスが多いと、なかなか信頼して仕事を任せることができません。

ミスをしてしまったら、しっかり反省することは大切ですが、その後、同じ事を繰り返さないようにどうしていくか工夫する事が、最も大事な事となります。

そして、まわりから信頼され、安心して仕事を頼まれるような人になりましょう!




Sponsored Links
 

ケアレスミスをなくす方法を知り信頼される仕事ができる人になろう


大手電機メーカーの総務部に所属するAさんは、とくに大きなミスや失敗をやらかすことはないのだが、細かい失点が日常茶飯事。
「約束した時間に連絡するのを忘れる」「書類を作ると必ず何か数字の入力ミスがある」「外に出るとしょっちゅう忘れ物をして帰ってくる」「すれ違いざまに簡単な頼みごとをしても、覚えていたためしがない」など。
こんなシチュエーションに思いあたる節がある人はいないでしょうか。

Aさんの能力は決して低いわけではないので、大事にはいたらないからまだ大目に見られているが、何か大仕事を頼むのはちょっと怖くてはばかられます。

一方で、同期であるBさんは目立つところはないものの、堅実で間違いがない仕事ぶりに職場での信頼は厚い。
ほかの仕事にとりかかっている最中に頼まれたささいな用件でも、決して手を抜かず確実に処理してくれます。
その手腕は次第に評価を集め、今や大きなプロジェクトにも顔を出せるようになっています。

フラットな目で見た場合には、さほど能力に違いはありません。
しかし両者をわけるポイントは、やはりAさんの細々としたミスが生む信頼度の差。
この差を埋めるために、AさんはBさんのような綿密で確実な仕事のこなし方を身につけようとするが、いまいちどうすればいいのかがわかりません。
AさんがBさんのような信頼を勝ち取るために、細かいミスをなくすにはどうすれば良いのでしょうか。

小さなミスをするたびに「同じミスはくり返さない!」と反省する人は良いです。
しかし、根拠もないのに「小さいミスだから大したことはない」とか「上司の指示が悪かった」などと言い訳してしまう人は自分を変えるきっかけを失っています。
こういった心理を専門用語で「合理化」といいます。
合理化は、罪悪感や周囲の目からくるストレスをやわらげる心の働きで、決して悪いことではありません。
しかし、ミスを犯した直後に言い訳を考えてしまうくらい習慣化していては、ミスに対する罪悪感が徐々に薄れていく危険があります。
しかも、小さなミスが積もり積もって人物評価の差につながるとなれば、まずは小さなミスを生み出す、注意力のなさを直すことが先決です。

できる人は、何に対しても万全の注意力で臨んでいるわけではありません。
たとえば、ちょっとした頼まれごとをされた場合、必ず作業の手を止めてその場でちゃんとメモをとり目につくところに貼りつけておくという習慣づけをしている、といったようにです。
自分の注意の足りないところ、忘れっぽいところをさまざまな工夫でカバーしています。
一方、できない人は、そういった工夫を怠っています。

できない人から、できる人へ変身!

頼まれごとのような小さな用件だったら、すぐに片づけます。
すぐに片づけられなかったら、備忘録メモを作って、頼まれた時点で書き込み、そのメモを後でチェックした時点ですぐに片づけます。
この習慣さえ身につければ、「後回しにして忘れてしまった」というミスは防ぐことができます。

また、小さなミスが起こりやすいのが、金額の計算、納品された商品の数の確認といったチェック作業。
これらは、「金額には必ずミスがある」「商品数には必ずミスがある」といった意識で取り組むことで、チェックに対する注意力がガゼン違ってきます。
「ミスはないだろう」という先入観をもって取り組んでいると、注意力が散漫になってミスが起こりやすくなるのです。
そのためにはあらかじめチェック項目を用意しておき、やり終えたら項目を消していく方法が効果的です。

また、もともとズボラな性格の人は、どれだけミスが多いかを自分に把握させつつ、その「恥」の意識をもって自分を矯正する方法があります。

具体的な例としては、自分の犯したミスを書き出して、机の前やパソコンのモニタの隅などに大きく張り出すことです。
詳細なミスの経緯、その対策などを一つひとつ書き連ねてみると、その書くという行為がまた自分の意識を高めるショック療法としても作用してくれます。
誰だって自分のミスを大っぴらにするのは恥ずかしいものだが、その意識こそがミスの芽をつんでくれる最大の味方。
次に同じような作業をするときは、最初にその紙を見て「今からやる作業はこの点に注意しよう!」と自分に強く言い聞かせてみましょう。
これを習慣づければ、「どういう意識で臨めばミスが防げるか」が自然とわかってくるはずです。

ケアレスミスを防ぐ方法
●チェック作業にはチェック項目を用意して、「必ずミスがある」という張りつめた意識で取り組みましょう。
●ミスを書き出し、パソコンのモニタなどに大きく張り出しておきましょう。



関連記事

  1. 「だから言ったじゃないですか」が口癖の人の性格や心理
  2. 初対面の人との話の切り出し方はこうするべき!?
  3. 爪が汚れている人は仕事ができない人?!
  4. 「当然」「絶対」「要するに」「つまり」が口癖の人の心理や性格とは…
  5. プライベートから仕事への切り替えが上手くできない人へ
  6. 仕事のストレスで限界を感じている人に…
  7. どんな相手にも勝つ交渉力を身につけるには。
  8. 職場に合わない服装をしてくる人は注意すべき?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

夢占い…象に乗る・象に追われる夢を見たら?

象に乗る夢を見た…象に追われる夢を見た…夢占いでは、このような夢にも意味があるのです。…

豚肉NGなイスラム教徒は日本ではどうしてるの?

日本ではあまり馴染のないイスラム教…私たちも知らないことが多いかと思います。しかし、イス…

自分の生き写しやドッペルゲンガーに会ってはいけない?!

ドッペルゲンガー(Doppelgänger)とは、自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視…

自閉症の様々な種類と症状…自閉症をとりまく誤解とは?

あなたは今までに自閉症と呼ばれる人と関わったことがありますか?自閉症には様々なタイプが存在し…

占星術から占う「坂田亘」と「小池栄子」の結婚と離婚

プロレスラーで総合格闘家の「坂田亘」さん(44歳)…タレントで女優、元グラビアアイドルの「小池栄…

月別アーカイブ

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. なぜ人は元旦に「初日の出」を見たがるのか?
  2. 「桐だんす」が日本で重宝されるわけとは?
  3. 友達が分からない…と感じたときには
  4. 結婚生活を成功させるための秘訣(7つの法則)
  5. バラモン教とヒンドゥー教の成り立ち
Sponsored Links
PAGE TOP