キャリア

仕事選びはやりたい仕事ではなく「向き・不向き」で選ぶべし?!




仕事を選ぶ際、その仕事を「やりたい」か「やりたくないか」で選んでいる人は多いのではないでしょうか。

仕事は自分自身を満足させるもの…
もちろんそのような考えで自分のやりたい仕事をし、その仕事のプロとして立派に仕事をこなしている!という自信のある方は、素晴らしい事だと思います。
その仕事はきっとあなたに向いている、と言えるでしょう。

しかし、いくらやりたい仕事であっても誰しもがその仕事が向いている…
とは限りません。

仕事は自分自身を満足させるものであってもいいと思いますが、それは二の次で、決して忘れてはならないのが、仕事とは、「社会のために」何かすることである…
ということなのです。




Sponsored Links

仕事選びは「向き・不向き」で選ぶべし?!


何に対しても、人にはそれぞれ向き・不向きがあります。
いくらその仕事をやりたい!と思っていても向いていない可能性もありますし、逆におもしろくないと感じていても、その仕事があなたに向いていることもあるでしょう。

あなたの気持ちは、向き不向きとは関係のないところにあるのです。
そこが難しいところでもありますよね。

でも、この仕事は自分に向いているのか、向いていないのか?…
それ自体があまりよくわからない、という方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、「向き・不向き」について、簡単な見分け方を紹介しましょう。

その仕事をやっていること自体は楽しいんだけれど、なんとなく苦しいと感じる…
あるいは、周囲の人に認められるほど成果を上げることができない…

これは残念ながら、「才能がない」状態です。
つまり「向いていない」と言えます。

一方、そんなにおもしろくはないんだけど、淡々と続けることができる…
それなりに成果も上げられる…

これはまさに「才能がある」状態です。
要するに「向いている」のです。

仕事を選ぶ際にはどうしても「やりたいか、やりたくないか」、「楽しいか、楽しくないか」という視点で考えてしまう気持ちはわかります…
しかし、「目の前の仕事を淡々と継続することができるか」、「相応に評価されているか」という違う視点で、シビアに検証してみてください。

仕事とは本来「相手のため、社会のため」にすることですから、やはり「才能がある状態」でやらなければなりません。
「こんな仕事がやりたいんだ」という熱い気持ちは素晴らしいですが、そこでいくら望んでも、才能がなければやはりダメなのです。

実は仕事というのは、本人が「ちょっとおもしろくないな」と思っているくらいのところで、才能が発揮されていることが多いのです。
才能のある分野で働いていると、それほど苦労しなくても淡々とできてしまうのです。

しかし、たいていの人は、「簡単にできてしまうこと」をあまりおもしろがりません。
できないことをやるからこそ、「これはおもしろい」、「これができるようになりたい」と思うわけです。

例えば、「タレントや歌手になって、テレビに出たい」と思っている人は大勢いますが、実際にテレビで活躍している人は、「たまたま街を歩いていて、スカウトされたんです。別にこんな仕事をしたいとは思っていませんでした」という人が多いのではないでしょうか。
世の中、そういうものなのです。

「その仕事がやりたいのか、やりたくないのか」ではなく、シビアな目で「才能があるのか、ないのか」を考えてみてください。

どんなにやりたい仕事でも、憧れている仕事でも、才能がないとなかなか続けることはできません。
無理やり才能のない分野で仕事をしていると、結局はストレスが溜まり、精神的に苦しくなってくるからです。

反対に、才能のある分野で仕事をしていると、淡々と物事を進めることができます。
それがたとえ、あなたにとってつまらないと思っている仕事でも、周囲はそこに価値を認め、必要としてくれるものなのです。

結局は「あなたの能力を社会が買ってくれるかどうか」が、仕事として成立するか否かの分かれ目となります。

仕事とは社会のためにやるものです。
残念なお話ですが、そこにあなたの好き嫌いはまったく介在しないのが現実です。




Sponsored Links


関連記事

  1. 周囲の人たちを自然と味方に引き込める人柄とは?
  2. 説得力のある話し方をするのに効果的なテクニックとは?
  3. 「成功」や「失敗」の原因は誰にあるの?
  4. ケアレスミスをなくす方法を知り信頼される仕事ができる人になろう
  5. 集中力を持続させる方法を知りできる人になろう!
  6. プライベートから仕事への切り替えが上手くできない人へ
  7. 取引先との上手な付き合い方は譲れない一線を置くこと
  8. 「まいった」「キツイ」などが口癖の人ってどんな人?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

表情と感情の関係を心理学の面から考える

あなたの感情は相手に伝わっているでしょうか?とても悲しい時、自分の気持ちを分かって欲しいとき…

「お稲荷さん」の狐や祟りの由来と何なのか?

日本における神の1つに「稲荷大明神(いなりだいみょうじん)」と言います。一般的には、「お稲荷様」…

電車でメイクするとなぜ運気が悪くなるのか?

みなさんはこんなことをしてませんよね?通勤電車の中でお化粧をしたり、おにぎりやパンを食べたり、道…

整形手術にはどのような意味合いがあるのか?

「人は見かけで判断してはいけない」…確かに大切なことではありますが、心理学的に見ると残念ながら人…

おまじない…どうやったら彼にもっと好きになってもらえるか?

好きな彼とやっと両思いになれた、または彼がモテるタイプの男性と付き合っている方など、付き合ってはいる…

月別アーカイブ

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 取引先との上手な付き合い方は譲れない一線を置くこと
  2. 聖書に登場した「三賢者」とは一体何者なのか?
  3. 「女の服の中しか見ない男」と「男の財布の中しか見ない女」の恋愛観
  4. メシア(救世主)とは何を意味するものなのか?
  5. 借金を減らすには…?このパワーストーンには効果あり?!
Sponsored Links
PAGE TOP