キャリア

仕事選びはやりたい仕事ではなく「向き・不向き」で選ぶべし?!




仕事を選ぶ際、その仕事を「やりたい」か「やりたくないか」で選んでいる人は多いのではないでしょうか。

仕事は自分自身を満足させるもの…
もちろんそのような考えで自分のやりたい仕事をし、その仕事のプロとして立派に仕事をこなしている!という自信のある方は、素晴らしい事だと思います。
その仕事はきっとあなたに向いている、と言えるでしょう。

しかし、いくらやりたい仕事であっても誰しもがその仕事が向いている…
とは限りません。

仕事は自分自身を満足させるものであってもいいと思いますが、それは二の次で、決して忘れてはならないのが、仕事とは、「社会のために」何かすることである…
ということなのです。




Sponsored Links

仕事選びは「向き・不向き」で選ぶべし?!


何に対しても、人にはそれぞれ向き・不向きがあります。
いくらその仕事をやりたい!と思っていても向いていない可能性もありますし、逆におもしろくないと感じていても、その仕事があなたに向いていることもあるでしょう。

あなたの気持ちは、向き不向きとは関係のないところにあるのです。
そこが難しいところでもありますよね。

でも、この仕事は自分に向いているのか、向いていないのか?…
それ自体があまりよくわからない、という方もいらっしゃると思います。

そこでここでは、「向き・不向き」について、簡単な見分け方を紹介しましょう。

その仕事をやっていること自体は楽しいんだけれど、なんとなく苦しいと感じる…
あるいは、周囲の人に認められるほど成果を上げることができない…

これは残念ながら、「才能がない」状態です。
つまり「向いていない」と言えます。

一方、そんなにおもしろくはないんだけど、淡々と続けることができる…
それなりに成果も上げられる…

これはまさに「才能がある」状態です。
要するに「向いている」のです。

仕事を選ぶ際にはどうしても「やりたいか、やりたくないか」、「楽しいか、楽しくないか」という視点で考えてしまう気持ちはわかります…
しかし、「目の前の仕事を淡々と継続することができるか」、「相応に評価されているか」という違う視点で、シビアに検証してみてください。

仕事とは本来「相手のため、社会のため」にすることですから、やはり「才能がある状態」でやらなければなりません。
「こんな仕事がやりたいんだ」という熱い気持ちは素晴らしいですが、そこでいくら望んでも、才能がなければやはりダメなのです。

実は仕事というのは、本人が「ちょっとおもしろくないな」と思っているくらいのところで、才能が発揮されていることが多いのです。
才能のある分野で働いていると、それほど苦労しなくても淡々とできてしまうのです。

しかし、たいていの人は、「簡単にできてしまうこと」をあまりおもしろがりません。
できないことをやるからこそ、「これはおもしろい」、「これができるようになりたい」と思うわけです。

例えば、「タレントや歌手になって、テレビに出たい」と思っている人は大勢いますが、実際にテレビで活躍している人は、「たまたま街を歩いていて、スカウトされたんです。別にこんな仕事をしたいとは思っていませんでした」という人が多いのではないでしょうか。
世の中、そういうものなのです。

「その仕事がやりたいのか、やりたくないのか」ではなく、シビアな目で「才能があるのか、ないのか」を考えてみてください。

どんなにやりたい仕事でも、憧れている仕事でも、才能がないとなかなか続けることはできません。
無理やり才能のない分野で仕事をしていると、結局はストレスが溜まり、精神的に苦しくなってくるからです。

反対に、才能のある分野で仕事をしていると、淡々と物事を進めることができます。
それがたとえ、あなたにとってつまらないと思っている仕事でも、周囲はそこに価値を認め、必要としてくれるものなのです。

結局は「あなたの能力を社会が買ってくれるかどうか」が、仕事として成立するか否かの分かれ目となります。

仕事とは社会のためにやるものです。
残念なお話ですが、そこにあなたの好き嫌いはまったく介在しないのが現実です。




Sponsored Links


関連記事

  1. 仕事での失敗を克服する方法とは?
  2. いい人だけどミスが多いのはなぜ?困った人に多い心理とは?
  3. 仕事のマンネリ化を打開する為にすべき2つの方法
  4. 集中力が最も上がる時に合わせて仕事の能率を上げる方法
  5. 仕事を楽しんでいる人は自ら楽しみを見つけられる人
  6. 「転職を悩んでいる人」が最初に考えなければいけないことって?
  7. 仕事がうまくいかないときに女が考えるべき風水とお祓い
  8. 人間関係を築く事の大切さと築く上で最も大切なこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「3月17日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

「A型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書

「A型×天秤(てんびん)座」男性…あなたの周りにいませんか?その人はどんな「性格」で、ど…

好かれたい相手と話すときには「2回」うなずくべし!

一説には「相手をほめたり、相手の発言を肯定する会話が、否定的な会話の5倍以上あるカップルはうまくいく…

感情(喜び・悲しみ等)はどこから生まれるのか?

カナダの心理学者ヘッブは「人間はもっとも理性的な動物であるが、同時にもっとも感情的な動物である」と言…

仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?

仏(ほとけ)、もしくは悟りの最高の位「仏の悟り」を開いた人を仏陀と言います。仏陀はサンスクリット…

月別アーカイブ

2020年9月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. パワースポット「鳥海山」のご利益
  2. 今この瞬間の「時間」は神様からの贈り物だと考えてみる
  3. 運の良い人は直感で行動するらしい件
  4. 「O型✖牡牛座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  5. 随処(ずいしょ)に主と作(な)れば立処皆真(りっしょみなしん)なり
Sponsored Links
PAGE TOP