ライフスタイル

宮中歌会始2018年(平成30年)今年のお題は「語」!

2018年(平成30年)の今年の宮中歌会始(歌会始の儀)、お題は「語」だということはご存知でしたでしょうか?
ちなみに昨年は「野」でした。

すでに2018年(平成30年)分の募集は、昨年の2017年(平成29年)9月30日をもって終了していますが、「語感」「物語」のような熟語や、「語る」「語らふ」といった訓読でも差し支えないそうです。
この点は、昨年の「野」も「野火(のび)」や「視野(しや)」なども採用されていました。



Sponsored Links
 

宮中歌会始とは?


3286
さて、そもそも「宮中歌会始(きゅうちゅううたかいはじめ)」とはどういったものなのでしょうか?…
「宮中歌会始」とはその名が示す通り、宮中(皇居の中)で和歌(短歌)を披露し合う「歌会(うたかい)」のことです。

元々は、上代にて皇族・貴族等が集い和歌(短歌)を披露しあう「歌会」で、一年の始めに行う伝統儀式のことを指します。
また、宮中歌会始の歴史も古く、鎌倉自ダウの中期には宮中で「内裏御会始」という歌会が行われたと記録があります。

そして1947年(昭和22年)からは、国民からも和歌を募集するようになり、一般の国民も参加できる文化行事となっています。
応募により選出された「選歌」の詠進者は、皇居に招聘(しょうへい)されて、宮殿松の間にで詠進歌によって、披講(ひこう)されることがあります。
またその他でも官報や新聞などに、掲載されることがあります。



Sponsored Links
 

過去の宮中歌会始(歌会始の儀)


3289

 

2017年の宮中歌会始(歌会始の儀)

昨年2017年に天皇、皇后両陛下、皇太子様、皇太子妃雅子様の歌をご紹介しましょう。

天皇陛下
邯鄲(かんたん)の鳴く音(ね)聞かむと那須の野に集(つど)ひし夜(よる)をなつかしみ思ふ

皇后陛下
土筆(つくし)摘み野蒜(のびる)を引きてさながらに野にあるごとくここに住み来(こ)し

皇太子様
岩かげにしたたり落つる山の水大河となりて野を流れゆく

皇太子妃雅子様
那須の野を親子三人(みたり)で歩みつつ吾子(あこ)に教(をし)ふる秋の花の名

2016年の宮中歌会始(歌会始の儀)

一昨年2016年に天皇、皇后両陛下、皇太子様、皇太子妃雅子様の歌をご紹介しましょう。

天皇陛下
戦ひにあまたの人の失せしとふ島緑にて海に横たふ

皇后陛下
夕茜に入りゆく一機若き日の吾がごとく行く旅人やある

皇太子様
スペインの小さき町に響きたる人々の唱ふ復興の歌

皇太子妃雅子様
ふるさとの復興願ひて語りあふ若人たちのまなざしは澄む

今年のお題は「語」ということで、天皇、皇后両陛下を始めとして、皇族の方々がどのような歌を披露されるのか楽しみですね。
間もなく宮中歌会始(歌会始の儀)の時期がやって来ますので、気になってご紹介させて頂きました。



関連記事

  1. 見返りを求めない人ほど運がいい?!
  2. イスラムで最も重要な日「7月16日」
  3. 一人でも幸せになる休日の過ごし方とは?
  4. 聖典や経典の違い…そこには何が書かれているのか?
  5. 腕時計を外すと本当に大切なことを取り戻せる!?
  6. 玄関に“鏡”を置くときは要注意!あなたは運気ダウンする置き方して…
  7. なぜ人は「自分の臭い」がわからないのか?
  8. そもそも「クリスマス」とは何か?…あなたは説明できますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

祟りじゃ〜とかよく言うけど祟りは本当にあるの?

ある家庭では代々、身体の似たような部分が病気になり、遺伝をはるかに超えた不思議な現象が起こっている、…

夢占い「手を洗う」・「手をケガする」・「握手する」などの夢の意味

夢で「手」が出てきた…「手」を印象的に覚えている夢だった…そんな時、夢占いにはこのような意味…

夢占い…歌が上手い・歌声が聞こえる夢を見たときは?

歌が上手い夢を見た…歌声が聞こえる夢を見た…夢占いでは、このような夢にも意味があるのです。…

櫛(くし)を贈るのは求婚以外ではNGな理由

ご存知でしょうか…櫛(くし)は「苦」、「死」に通じるとして、一般的にはプレゼントに贈ってはならな…

魅力的になるためにはまず自分を研究すべし!

あなたの身近な人に、いつ見ても魅力的な人だな、と思う人はいませんか?また街を歩いていてすれ違…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 別れたい女、別れたくない女について
  2. 世界中の人が信仰する「宗教」とは何なのか?
  3. なぜ「エスカレーター」で歩いてしまうのか?
  4. 過去や未来を心配しないようにする心がけ
  5. 価値観が違う人と仕事をするときの正しい考え方
Sponsored Links
PAGE TOP