ライフスタイル

2018年鏡開き…愛知県名古屋では日にちはいつ?

三が日も過ぎて、飾っていた餅をいつ食べようか?…
そんな日…「鏡開き」が近づいて来ました。

特に今回は「愛知県」もしくは「名古屋」において、2018年の「鏡開き」の日にちはいつなのか?…
こちらをご紹介したいと思います。



Sponsored Links
 

2018年の愛知県・名古屋の鏡開きの日にちはいつ?


3285
では早速、その回答をお伝えします。
ズバリ、その日にちは「2018年1月11日(木)」になります。
また、これは名古屋を含む、愛知県全域で同じです。

厳密言えば家庭や土日祝日などにより異なるのですが、愛知県や名古屋はもとより、基本的には、この1月11日が鏡開きの日にちとなります。
ただし関東の一部、京都府・大阪府を除きます。

では、そもそも「何で1月11日が鏡開きなの?」というお話ですが…



Sponsored Links
 

1月11日が鏡開きとなった理由


3283
そもそも「鏡開き」は室町時代から始まったと言われていますが…
ただ主に発展したのは江戸時代の武家社会…

当時の鎧などの具足に供えていた“具足餅”を、雑煮などにして食べていた習わしが「刃柄(はつか)を祝う」と言い、また女性が鏡台に供えた鏡餅を開く事を「初顔を祝う」と言ったことが、現在の鏡開きの起源とされています。

ただ、本来は「二十日正月」と言って、ずっと1月20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川三代将軍・徳川家光が1651年(慶安4年)の4月20日に亡くなったため、月命日である20日を忌日として避けて、現在と同じように1月11日になったそうです。

つまり鏡開きは、室町時代から江戸初期まで約300年ほど1月20日行われており、その後、2018年の現在まで365年間が1月11日で行われていたことになります。
なので既に1月11日の方が主流なのです。

ちなみに「鏡開き」という名前の由来ですが、これは元々、武家から始まった習わしであったため、鏡餅に刃物を使うのは切腹を連想させたり、木槌などを使って「割る」という表現もあまり上手くはない…
そこで餅を「開く」という言葉を使って、「鏡開き」と呼ぶようになったそうです。

また「鏡」は円満で、「開く」は末広がりを意味することから、硬い鏡餅を食べることを「歯固め」と言い、歯を丈夫にして年神様に長寿を祈るという意味も込められているそうです。

いつから始まったかは不明ですが、それでも、かれこれ600年以上も続けられた鏡開き…
単にお餅を食べる日ではなく、そんな深い意味や日にちにも理由があったのですね。



関連記事

  1. 家族に潜むコンプレックスが結婚に大きく影響するって!?
  2. 三三九度の盃を交わす意味や由来
  3. 我慢する力を育てる…真摯に向き合う事の大切さ
  4. 雑煮の餅…丸や四角がある理由とは?
  5. 男性にとって「母親」の存在とはどんなものなのか?
  6. 鵺払い祭りの歴史と伝統(静岡県伊豆の国市)
  7. 禅語「百尺竿頭に一歩を進む」の意味を学ぶ
  8. 周りの目を気にするあなたへ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

今日やるべきことを今日やろうとする時間の考え方とは?!

今日やろうとしていたことを明日でいいや、今日やっても明日やっても同じだし…と思っ…

パワースポットを五感で感じてみよう!

最近何をしても上手くいかない…平凡な毎日から抜け出したい…大きな仕事を任…

「部屋を片付ける」ことは運気を上げるのに効果的なの?!

昨今、日常に風水を取り入れている人も多いのではないでしょうか?できれば楽…

男が許せる女の「嫉妬」と「かわいいワガママ」の境界線とは?

男性は好きな女性に対して甘いものです…女性のワガママや意見には耳を傾けてくれます。中には、好…

行列に並ぶときに出るその人の心理や性格とは?

彼と映画館やテーマパークに行きました。するとチケットを取るだけでも大行列…さて、そんなとき彼…

月別アーカイブ

2019年12月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 元彼と「よりを戻す」強力なおまじない
  2. 幸せになる女性がこっそり続けている3つの習慣
  3. なぜ親しい人(家族・恋人etc)に腹が立つのか?…
  4. 彼氏との距離感がわからない…恋人との距離感がわかる心理テスト
  5. パーソナリティーナンバーとは?その計算方法について
Sponsored Links
PAGE TOP