恋愛・結婚

結婚式の定番曲を歌った女性歌手に離婚が多いワケとは?

結婚式では様々な音楽が使われます。
しかし、よほど音楽に詳しかったり、その業界に精通していない場合であれば、結婚式で使用する音楽はみんな似たり寄ったりです。

そして、その多くは女性歌手が歌う定番曲の場合が多いでしょう。
ここで意外なことに、そんな結婚式の定番曲とも言える曲を歌う女性歌手には離婚している人が多いというのです。

では、その理由は何なのでしょうか?…
その辺りを探ってみましょう。



Sponsored Links
 

結婚式の定番曲と女性歌手


2612
結婚式の定番曲ってたくさんあります。
例えば安室奈美恵の「CAN YOU CEREBRATE?」やMINMIの「結婚しようよ」など良い曲ですが、二人共離婚されています。

どちらもリリースされた直後は、会場に行けば流れているのではないかと思うほど使われまくっている歌でしたが、その歌手が一度パートナーと不仲であると報道が出ると、一斉に使われなくなりました。
式を挙げるにあたり、打ち合わせでどのタイミングでどの曲を流すかなどを細かく決めなければならず、一つの式でたくさんの曲を決める事になります。

大好きな人達に大好きな曲を流して祝福されたいという気持ちは、音楽が好きな人や趣味としている人はなおさら思いますよね。
ところが歌っている肝心の女性歌手が離婚していては、なんだか使いにくいですし、相手にも言い出しにくいところがあります。

結婚式は縁起ものでもありますから、離婚している人が歌っている歌を流してしまったら自分達もうまくいかなくなるのではないか、と思ったり参列者に思われたりするかもしれません。
実際に両親に反対されるかもしれません。

せっかくの素敵な歌詞の内容もうまくいっていないとなると、途端に説得力を無くしてしまうような気もします。
ですが他の曲をと思っても、どうしてもその歌ばかりが脳内で再生されてしまう事があります。

歌は良くて気に入っているのですから当然ですね。
ここは自分がその歌に対してどのくらいの強い思い入れがあるのかを考え、慎重に決めたいところです。



Sponsored Links
 

女性歌手に離婚が多いワケは?


2467
結婚を恋愛の延長と捉えている人が多いからとも言えます。
歌手は恋をしているからこそ良い歌詞が生まれたり、その歌詞に共感しながら歌う事で、聞いている人を魅了する事ができるのです。
ところが一緒に生活していくわけですから、どうしても恋愛と切り離さなくてはならない場面がでてきます。

相手の嫌な部分も見なければなりませんし、当初のような刺激も受けなくなっていきます。
そもそも女性歌手になる人は恋愛好きな人が多くいますし、実体験を基にして出来上がった歌だからこそ定番曲として永く愛されている曲もたくさん存在するのです。

その後その人と結ばれて結婚し、最終的には別れる事になったとしても、その曲を考えた時の相手を想う気持ちに偽りはないのです。
初めてあなたがその曲を聴いて震えるような感動があったなら、歌っている人の私生活は気にせずに自分達の結婚式に使った方が、満足のいく挙式となるでしょう。

式は周りの人のために挙げるものという意見もありますが、結婚式のしこりは後々結婚生活に響きます。
自分がどうしても流したい曲があるなら相手に伝える…
もしくは相手が好きな曲を歌手本人が離婚しているからと言って一蹴せず、一度じっくり腰を据えて聴いてみると、今まで感じなかった歌の素晴らしさが聴こえてくるかもしれません。



関連記事

  1. 浮気がバレて逆ギレする旦那(彼)の心理とは?!
  2. 村田充と神田沙也加の馴れ初めと結婚生活を占う
  3. 男が彼女に突然冷める瞬間と時期…あなたは知ってる?
  4. どんなときに男は「浮気心」が芽生えるのか?
  5. 「彼氏ができない女」の特徴…みんな共通して○○がない?!
  6. 「恋する気持ち」はどこからやって来るのか?
  7. 「女の服の中しか見ない男」と「男の財布の中しか見ない女」の恋愛観…
  8. ピンクや白の可愛い部屋で暮らす女はどんどん男が離れていくって本当…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

美しくなりたいなど…男女共に願いを叶えるための風水テクニックとは?!

運気を良くしたいと思い、今までに風水を試された方も多いのではないでしょうか。…

結婚できるのか不安を抱いているあなたへ

結婚適齢期になると、周りがどんどん結婚していく…でも私には相手すらいない状態…もしくは付き合…

財布の中身の入れ方を変えればお金は貯まる?!

あなたの財布の中はレシートや使わないカードでパンパンになっていませんか?「毎日忙しいし、気がつい…

そもそも「クリスマス」とは何か?…あなたは説明できますか?

もうすぐ「クリスマス」…一年で一番といって良いほど認知度が高く、またイベントも盛りだくさんの日で…

イエス・キリストの出生地と幼少期

スピリチュアルと関連の深い宗教への理解を深めるには、開祖について知ることが近道です。誰もがご…

月別アーカイブ

2020年5月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. イエスの奇跡…僅かなパンを5000人分に増やす?!
  2. 供養すること以上にご先祖様が喜ぶことは?
  3. 宮中歌会始2018年(平成30年)今年のお題は「語」!
  4. ブランド好きの人にはどのような心理が秘められているのか?
  5. パワーストーン「シトリン」の効果や浄化方法
Sponsored Links
PAGE TOP