ライフスタイル

天狗は神様なのか妖怪なのか?…

我が国の民間信仰において伝承される神や妖怪ともいわれる伝説上の生き物…
それが「天狗(てんぐ)」です。

一説には昔、体も大きく鼻も高い…
また日本人には知らない知識をたくさん持っていた西洋人を描写した姿ではないかとも言われています。

残されている姿には、服装は山伏のようで赤ら顔で鼻が高く、翼があり空中を飛翔する様子が描かれていたもしますが…
さて、この「天狗」とは一体どのような存在だったのでしょうか?

神様なのか妖怪だったのか…
今回はそんなお話です。




Sponsored Links
 

天狗は神様なのか妖怪なのか?…



京都の鞍馬山(くらまやま)で、後に源義経となる牛若丸に剣術を教えたとされる鞍馬天狗(くらまてんぐ)…
天狗はしばしば山の神として、人にものを教えたり、気づきのヒントを与えてくれる教師のような存在として描かれます。

一方、保元(ほうげん)の乱で敗れ、讃岐に流された崇徳上皇(すとくじょうこう)は生きながら天狗となり、たたりをもたらす悪霊となったといわれています。
いったい、天狗は神なのでしょうか物の怪なのでしょうか?…

天狗が山の神にたとえられるのは、山伏(やまぶし)のような格好をしているからかもしれません。
山伏は、役小角(えんのおづの)を開祖とする修験道(しゅげんどう)の修行僧です。

修験道は、日本に古くからある山岳信仰を取り入れた日本独自の仏教で、険しい山の中での厳しい修行によって悟りを得ます。
それが天狗のイメージに結びついて山の神といわれるようになったのでしょう。

また、天狗とは現世において知識だけを追い求め、精神的な修行を怠(おこた)った僧が変化(へんげ)したものであるという説もあります。
知者であり仏法にも通じている僧は、それゆえに六道のうち、人間道には戻れず、また地獄、餓鬼(がき)、阿修羅(あしゅら)、畜生道にも落ちることができず、かといって修行を積んでいないので、天道にも上がれません。
その結果、六道から外れた天狗道に落ちることになり、輪廻(りんね)からも見放されてしまうのです。

膨大な知識によって天狗になってしまった僧にとって、天狗道から抜け出す道は、誰かに知識を渡してしまうことでした。
天狗がある意味で教え魔、教師のようになったのはそのためです。

神ともなり、悪霊ともなるのは、日本の神霊の定番ですが、天狗はどうもどちらつかず…
どちらからものけ者にされているような印象があります。

神としても認められず、かといって悪霊とも決めつけられない…
それが天狗道に落ちた天狗の宿命なのかもしれません。


関連記事

  1. 「八戸えんぶり」の日程は2018年2月17日(土)
  2. 2018年「恵方巻き」の方角と「焼嗅がし」で開運を!
  3. 2018年…七草粥と七草爪(爪切りの日)はいつなのか?
  4. 聖骸布は本物か偽物か?…
  5. ここをチェックすれば見た目で性格が判断できる?!
  6. AB型「思考パターン」の長所・短所とは?
  7. なぜ男性42歳・女性33歳が「厄年」なのか?
  8. 2018年版「なまはげ柴灯まつり」の歴史やアクセス(駐車場)につ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

土や植物には浄化作用がすごいって本当?

先日別の記事で、海の塩を舐めることはとても浄化作用がある、とお伝えしましたが、土や植物にも同様に浄化…

パワーストーン「ラピスラズリ」の効果や浄化方法

ラピスラズリは、エジプトやメキシコなどさまざまな古代文明で、「神聖な石」として儀式に用いられてきた世…

恋愛成就ならココ!渋谷のパワースポットと神社

若者の街「渋谷」…最新のファッションやショップがひしめく魅力的な東京の街の一つです。渋谷…

エデンの園のアダムとイブそしてノアの方舟について

旧約聖書「創世記」に記された最初の人間…天地創造の終わりにヤハウェによって創造されたとされていま…

塩釜市・鹽竈神社「帆手祭」の由来

宮城県塩釜市にある鹽竈神社で行われる「帆手祭」をご存知でしょうか。「日本三大荒神輿」として知…

月別アーカイブ

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 夢占い…顔を隠す・好きな人の笑顔の夢を見たら?
  2. 同棲している彼を好きかどうかわからなくなった時にやるべき3つのこと
  3. 日蓮宗とは?…その歴史や本尊について
  4. 浄土真宗とは?…浄土真宗の簡単に説明する
  5. 夢占い…「財布をなくす」、「財布を拾う」夢を見た時には?
Sponsored Links
PAGE TOP