恋愛・結婚

恋愛運に効果的な「色(カラー)」や「数字」がある?!

実はカラー(色)にもそれぞれ特有の波動があります。
あなたも、「赤い服を着ると元気が出る」とか、「青い空を見ると落ち着く」などと誰かから聞いたり、または自分で思ったりしたことはあるのではないでしょうか?

これは、その色が持つ波動が私たちの心身に作用して、そのように感じさせているからなのです。
ですから、目的に合った色を身に付けることで、色が持つ波動を取り込むことができます。

そこで、あなたの身に付ける服や靴、日頃持ち歩くカバンや手帳、ハンカチやスマホカバーなどに、あなたに合う恋愛運アップの色を取り入れてみましょう。

生まれ月ごとに表にしてみましたが、もしかするとあなたの「好きな色」と違うこともあるかもしれよせんね。
むしろ苦手だと感じている色の場合もあります。

もちろん好みは人それぞれなのですが、違う角度から考えてみますと、あなたがその色を苦手に感じて避けているのは、ひょっとすると「無意識に恋愛や出会いを遠ざけている」せいかもしれません。
その場合、あえてその色を使ってみることで、長年とらわれていた「恋愛に対する無意識の心のブロック」が外れることもあります。

さらには、ある色が「別れた恋人を連想させる色であったり、「恋愛で傷ついた出来事を思い出してしまう色」であることもあります。
でも、そのような色であっても、あえて使ってみることをおすすめします。

過ぎたことを忘れるには少し時間がかかるかもしれませんが、この色を使うことでむしろ過去をきれいに清算して振り払うことができます。
そうするとさらに新たな出会いを引き寄せやすくなるでしょう。

◇女性の場合◇
2、3月生まれ・・・白、シルバー
5、6日生まれ・・・黒、紺
8、9月生まれ・・・赤、ピンク(桃色)、オレンジ
11、12月生まれ・・・黄色、茶系
1、4、7、10月・・・グリーン

◇男性の場合◇
2、3月生まれ・・・黄色、茶系
5、6日生まれ・・・白、シルバー
8、9月生まれ・・・グリーン
11、12月生まれ・・・赤、ピンク(桃色)、オレンジ
1、4、7、10月・・・黒、紺




Sponsored Links
また、人生において、パートナーとの出会いは非常に重要なことです。
これからの出会いを求めている人は、その出会いによって一人の人生からパートナーとの2人の人生にシフトすることになります。

そこから歩き出す人生は一人の時とはまた違った道を行くことでしょうし、またすでにパートナーと呼べる相手がいる人も、相手との良好な関係、円満な関係を継続していくことは人生の大きなテーマとなるでしょう。
あるいは、周りからは幸せそうに見えても、実はお互いを受け入れられずに悩んでいたり、心がすれ違ってしまっような関係の人もいたりします。

質の良い恋愛・結婚運を引き寄せるには、あなたの恋愛・結婚の「気」を質の良いものにすることです。
恋愛・結婚運にも良い気を運んでくれる数字があります。
それは「1」、「4」、「9」です。

「1」は出会ってすぐに直感的に相手に好意を抱き恋愛に発展する数字…
「4」はその逆で、しっかりと整えていくという意味があり、時間をかけながら順調に愛を育んでいくような意味のある数字です。
そして、「9」は祝い事、「寿」という意味があるのです。

これらの「1」、「4」、「9」を合わせて、「恋愛成就の数字セット」として使います。
電話番号やメールアドレス、暗証番号など普段の生活でよく使う数字にこれらを組み込んで意識的に使うようにしよしよう。
もちろん各数字を一つずつ使用しても構いません。

あなたの周りに起こる出会いの流れが変わり、理想の相手を引き寄せてくれる力があります。




Sponsored Links


関連記事

  1. 気になる人から目をそらしたくなる意外なホンネ
  2. 相手が嘘をついてる時のこんな仕草や行動を見極めろ!
  3. 「B型×山羊(やぎ)座」男性の取り扱い説明書
  4. 女は臭い方がイイ?臭い女が好きな男性の秘められた心理
  5. 恋愛とは執着心を捨てること?
  6. 「O型×魚(うお)座」男性の取り扱い説明書
  7. 仕事を辞めたいと言い出す彼氏に的確なアドバイスができる女になる!…
  8. なぜ男は次の約束を曖昧にするのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

彼氏が元カノと復縁する夢を見た意味とやるべきこと

ハッと目が覚めると彼氏が元カノと復縁する夢を見てしまったと思い出す…うろ覚えだけど、彼氏が元カノ…

美容整形をするとやはり人生変わるのか?

昔からどうしても自分の顔が好きになれない・・・・。もう少し美人だったら今とは違った人生だったんだ…

キリスト教の聖人「ゲオルギウス」とは?

キリスト教には様々な聖人がいるが、勇敢にもドラゴンを退治したという伝説を持つ聖人がいます。それは…

なぜ男性は「おだてられる」と頑張るのか?

男性は女性の言葉に至極弱いものです。とくに女性がほめたり、おだてたりすれば尚のこと…例え…

「3月26日」生まれの人の性格や適職とは?

星座占いや四柱推命など、誕生日からその人の運命や性格を割り出す占いが多々あります。これらによると…

月別アーカイブ

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 瞑想でポジティブな体をつくる!
  2. プレスター・ジョンの国とその伝説
  3. 同棲している彼を好きかどうかわからなくなった時にやるべき3つのこと
  4. 心理学では無意識の「言い間違い」こそ本音だとされている?!
  5. 「ライフパスナンバー22」はどんな人?
Sponsored Links
PAGE TOP