ライフスタイル

着る服がその人の心理的効果に大きな影響を与えてしまう件

服はその人の性格を表していると良く言われます。
この点は間違いないでしょう。

しかし実は着る服そのものがその人の心理的効果に大きな影響を与えてしまっていることはご存知でしたでしょうか?
あなたもいつの間にか、着ている服に行動や性格を左右されているかもしれません。

それではどのようなことなのか、詳しくみていきましょう。



Sponsored Links
 

制服で性格も変わるって本当?


2373
制服には、その職業が持つイメージを連想させる効果があります。
看護士の服を着ていれば「優しい人」、「頼れる人」というイメージを与え、警察官の制服は「規律正しい人」、「正義を守る人」を連想させます。

そして制服を着ている人もまた、そのイメージに合った行動をとろうとします。
普段はギャル語を使う女子高生も、ファストフード店の制服を着て接客をすると、笑顔でマニュアル通りの挨拶ができるもの・・・

これも制服の心理的な効果です。
制服は、個性を隠すことにもつながります。

家庭では末っ子の甘えん坊が、白衣を着ると優しく頼りになる人に変わる。
これは、制服が甘えん坊という個性を消しているのです。

制服を好んで着るような人はイメージ通りに自分を演出すること…
つまり素の自分を出さないことを望んでいるとも考えられます。

また、警察官や消防官などの制服には、権威主義的な面もあります。
普段の自分は顧みられることはなくても権威を示す制服を着ると周りが敬意を払ってくれ、指示に従ってくれる…
これなどは制服の力を借りた心理的な演出といえるでしょう。



Sponsored Links
 

派手なファッションを好むのは内気な人?


2376
サラリーマンやOLは、ファッション関係やクリエイティブな職業などでない限り、仕事服には暗黙の制限があります。
リクルート活動をする学生が、判で押したように黒やグレーのスーツを着るのはそのためです。

しかし、私服となると個性的な装いをする人が少なからずいます。
一般的に、派手なファッションを好む人は自己顕示欲の強い目立ちたがり屋というイメージを持たれがちです。

しかし心理学では、「もっと注目してほしい」、「明るく元気な人間だと思われたい」という願望がある人と考えます。
というのも、服や持ち物は性格を表現するものではないからです。

自分を演出するための道具で、ファッションは「なりたい自分」や「見せたい自分」を表わしています。
これは本当の姿の裏返しとされ、派手なファッションに身を包む人は、実は内向的で対人関係に不安を感じているので、服装で「賑やかで社交的」な理想の自分を見せているのです。

普段は普通の服装の人が、あるとき派手な格好をしていたら、いつもとは違う自分を演出しようとしています。
冒険心旺盛で、突飛な行動に走ることもあります。

また、良く「おばさんは派手好き」…
と言われますが、これは老いていくことへの不安や寂しさの増していくことの裏返しで、派手な服でまだ若い自分を心理的に演出しようとしているのです。

加えてサラリーマンの制服、スーツにも同じような力があります。
信号が青に変わる前に横断歩道を渡り始める実験を行なったところ、実験者がスーツを着ていると多くの人が一緒に渡り、ジーンズにジャンパーなどカジュアルな服装だとつられて渡る人がいないという結果になったそうです。

スーツを着ている人はきちんとした社会人であり、そういう人が渡るなら自分も渡って大丈夫だろうと判断したのでしょう。
スーツの見えない力を改めて思い知らされます。
カジュアルな格好がふさわしいシーンやプライベートタイムでも好んでスーツを着る人は、自分の力を誇示しようとする権威主義者ととらえることもできそうです。



関連記事

  1. なぜ人は大勢の人が集まっている所が気になる?その群集心理とは?!…
  2. キリスト教における「原罪」の意味とは?
  3. 「上座部仏教」と「大乗仏教」の違いとは?
  4. 本気で「マルチ商法」にハマってしまう人の心理とは?
  5. ストレスが溜まると病気になってしまう?!
  6. キリスト教の「天国と地獄」のイメージとは?
  7. 結果を急がないことが成功への一番の近道となる?!
  8. 男が持つ「カバン」から性格がわかるってホント?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

整形手術にはどのような意味合いがあるのか?

「人は見かけで判断してはいけない」…確かに大切なことではありますが、心理学的に見ると残念ながら人…

寝室はパワースポット…パワーを高める5つのポイント

あなたは自分の寝室にこだわりを持っていますか?…よく眠れていますか?…寝室は、人間が心身とも…

相手の嫌なところは実は自分の嫌なところ?

人間は比較的、自分は相手にどう思われているのかが気になる生き物です。それと同時に相手の事も気…

好かれたい相手と話すときには「2回」うなずくべし!

一説には「相手をほめたり、相手の発言を肯定する会話が、否定的な会話の5倍以上あるカップルはうまくいく…

ソウルナンバー「6」を持つ人の性格とは?

ソウルナンバー「6」の持ち主は、大切なものを「守る」気持ちが強く働きます。それは、自分のこと以上…

月別アーカイブ

2019年11月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 花火には鎮魂の意味が込められている?!
  2. 相手に的確に伝える力のポイントはこれだ
  3. 職場での苦手な人への対処方法を知ろう
  4. 姓名判断から占う「田中美佐子」と「深沢邦之」の結婚と離婚
  5. いい人だけどミスが多いのはなぜ?困った人に多い心理とは?
Sponsored Links
PAGE TOP