キャリア

仕事のモチベーションを持続できる方法を知っておこう!

最初はやる気満々で始めた仕事も、あれ?なんか思った仕事と違う….となったりすると、途端にモチベーションが下がったりしますよね。

こういう仕事ができると思って張り切ってたのに、実際思ってたのと違うからやる気が出ないし、適当にやろう….。となってしまいます。

でも自分次第で、状況はどんどん変わっていくこともあるのです。
いつか自分の本当にやりたかった仕事ができるようになってやる!といった心意気で、モチベーションも保ち準備していれば必ず風向きが変わる時がきます。

その為の心の持ち方をお伝えします。




Sponsored Links
 

仕事のモチベーションを持続できる方法を知っておこう!


仕事をするうえで夢や目標は誰にでもあるはずです。
「念願だった商品開発担当者に抜擢された」「あこがれの部署に配属された」といったように、夢や目標が実現してこそ仕事へのさらなる意欲がわいてくるというもの。

しかし、希望がかなったからといって、現実が思い通りに運ぶわけではありません。
とくに多いのが、「イメージしていた仕事と違う」という現実です。
「あこがれだった雑誌の編集部に転属されたけれど、予算がなさすぎて過去の企画の使い回しがほとんど」とぼやく出版社勤務のAさん。
落胆した気持ちを引きずりながらの出社が続いて「こんなにやりがいがないんだったら、まじめにやることはないか」と、配属当初の前向きな気持ちは消え失せてしまいました。

「第一線の営業になれたと思ったら、配属された分野はライバル社がガッチリ根を下ろしてすきがない」という事務機販売会社営業のBさん。
「営業努力を怠ってきた上司が悪い」とか「今の営業部の体制では売り込み攻勢はかけられない」とか、不満を外にぶつけてしまう始末です。

この2人のように、自分のイメージしていなかった現実に直面することはよくあります。
そのたびにやる気をなくしたり、他人のせいにしたりしていてはモチベーションを自ら回復させることは困難です。

落ちきったモチベーションを回復させるには、モチベーションが低下した原因を「自分の心に見つける」ことが大切です。
たとえばAさんとBさんの場合、自分の理想と現実との間に横たわるギャップが大きすぎて、それを埋められないというあきらめが原因なのです。

自分の仕事が心から好きだという人は、どんな状況に置かれてもその仕事の意義を見出すことができます。
「今の現場では自分がやりたかった仕事ができない。しかし、体制が変わったり時間が経過したりすることで、状況が変わることは十分あり得る。そのときのために、今自分がするべきことで成果をあげよう。それが将来の夢や目標の実現につながるかもしれない。仮に実現できなかったとしても、その過程を通して成長した自分がほかの仕事に意義を見出す可能性だってある」。
できる人は、このくらい徹底的に前向きに考えて、自分のモチベーションを保っているのです。

できない人からできる人へ変身!

あきらめを打破して新たなやる気を生み出すには、ロジックツリーという発想法を実践してみましょう。
これは「問題を解決するための方法を何でもいいから書き出してみる」という単純なものです。

たとえば、Aさんの場合だったら、使い古しの企画しか採用しないことの利点と欠点、それを読者の側と会社の側、両面から列挙してみます。
「ちょっと的外れかな」と思っても、とにかく書いてみます。
読者を引きつけているもの、読者にあきられているもの、読者が今求めているもの、会社が発信したいと考えているもの、などを思いつくまま書き出します。
そして先に書き出したその一つひとつから何がいえるかをもっと深く考え、それをもとの項目の周りに書いていきます。
「◯◯の企画は毎年春の定番企画。本誌の読者には根強い人気がある」という項目があったら、その横に「◯◯にぶつける対抗商品を別の会社が出さないのはなぜか」「対抗できないのではなく、何か理由があるのではないか」といったように、最初に書いた項目に「なぜ」「どのような方法で」などと疑問をぶつけて、考えを広げていきます。
最初に考えていたものを幹として枝を広げるように書き出していくのです。

ロジックツリーは、どんなささいなことでも書いてみることが大切だから、大きなサイズの紙に、とにかく細々と書き出してみましょう。

頭の中で考えをこねくり回しているだけでは問題は解決しません。
人の考えは、幹から枝に、枝から小枝にと、ツリー状に構築されているので、頭の中だけで発想していると先が見えなかったり後ろに戻れなかったりして、混乱することがよくあるのです。

希望をもって臨んだ仕事なのだから、ロジックツリーに書き出した中のどこかに、自分が仕事に見出す新しい意義は必ず隠れているはずです。
それを見つけたときこそ、新しいやる気がわいてくるはずです。

やる気がなえた仕事への意欲を取り戻す方法
●やる気がなえた原因を外ではなく、「自分の心」に見つけましょう。
●問題解決の方法を見つける「ロジックツリー」を試してみましょう。



関連記事

  1. 仕事での失敗を克服する方法とは?
  2. 集中力を持続させる方法を知りできる人になろう!
  3. 仕事が見つからない…と不安を抱えている人が縛られている考え方とは…
  4. AB型が仕事で成功するには?AB型の仕事と特徴
  5. 「だから言ったじゃないですか」が口癖の人の性格や心理
  6. やりたくない仕事に対してモチベーションを持つ方法とは?!
  7. 何のために働くのかわからなくなった人が勘違いしていること
  8. 初対面の相手に好印象を与える話し方のコツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

日本神話に登場する神「水蛭子(ヒルコ)」伝説とは?

イザナキとイザナミが結婚して最初に生まれたのは、ヒルコ(水蛭子、蛭子神、蛭子命)…

性格悪い?・・・・女性の腹黒さチェックテストであなたの心理を診断

あなたは自分が腹黒いと感じたことはありますか?人はみんな腹黒いもの・・・・?では、どれだ…

好かれる人の特徴とは「正直な心」にある

正直に、真摯に自分の気持ちを伝えてくれたら、否定的な言葉だとしても、悪い気持ちにはなりません。む…

男が彼女に突然冷める瞬間と時期…あなたは知ってる?

どんなにラブラブなカップルであっても、倦怠期やマンネリ化する時がありますよね。…

色や花瓶…トイレ風水でやってはいけない9つのNG

トイレは「不浄の場所」とも言われ、実はどの方位にあっても吉相にはなりません。だからこそ、風水を取…

月別アーカイブ

2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 礼拝堂「モスク」はどのような場所なのか?
  2. 自信を持つために大切なことは謙虚さと経験である
  3. 相手に「ノー」と言わせない心理テクニックとは?
  4. 「お稲荷さん」の狐や祟りの由来と何なのか?
  5. 男性が自分の話をする心理とは?
Sponsored Links
PAGE TOP