ニュース

松田聖子…3度目の離婚の可能性は〇%…その理由は四柱推命が語っていた!?

歌手であり女優でありタレントの松田聖子(55歳)さん…
彼女のことを知らないという人の方が少ないでしょう。

けれども松田聖子さんの本名が「蒲池法子(かまちのりこ)」さんであったり、これまでに2度の離婚や、何度も不倫スキャンダルが出たアイドルであったことを知っている人は少ないかもしれません。

今回はお節介ながらも…
そんな松田聖子さんの「3度目の離婚の可能性」について四柱推命の観点から調べてみました。

それではさっそく見ていきましょう。



Sponsored Links
 

松田聖子の四柱推命の結果


2018
松田聖子さんの四柱推命の結果として、とても影響が大きいものと考えられる星があります。
まず「咸池」という星を持っており、この星に関しては「色恋がとても激しく、他人を振り回してしまう」作用などがある…
とされています。

実際に、松田さんの場合、「かわいこぶりっこ」として有名な方でしたが、性格にも問題が多くある方として有名な人でもあります。
ただ同時に、とても運が良いとされる「紅艶」という星も持っています。

こちらに関しては、「とても元気、明るい、そのようなイメージを持つ星」とされていますが、一方で「その奔放さ故に人を振り回す」とされているケースがあります。

この他にも、良い作用をする星がありますが、松田さんの場合には特にこの2つの星の影響が強く出ているため、「結果として男性と長続きしない」性格が出てしまっているのではないか?…
と分析されるのです。



Sponsored Links
 

松田聖子の3度目の離婚の可能性は〇%?


2020
3度目の離婚の可能性ですが、四柱推命の結果を見る限り、「ほぼ100%」に近い数値である、と言えます。
これは過去にも離婚を何度も繰り返している関係から、心理学的にも「このような人は、一途には人を愛せない」という心理結果が出ているのです。

特に松田さんの場合には「自分の欲求のためならば、他者を踏み台にしてもかまわない」と分析されている心理学の結果もあります。
これに加え、さらに四柱推命の結果からも、「羊刃」とされる星があり、「自己中心的な行動が多く、他人の意見には耳を傾けない」としたたかな面が強く出てしまっている点があります。

そのため松田さんの離婚の可能性はゼロということはなく、おおよそ100%に近い形となる可能性が非常に高いです。
また、この原因に関しては四柱推命では良い意味の星も持っているため、松田さんの本来の性格自体が大きな原因となっていることも否めません。



Sponsored Links
 

松田聖子の3度目の離婚の原因はなに?


2017
原因についてですが、やはり心理学及び「四柱推命」の結果を見ると、「その身勝手さ」が原因となってしまっていることが大きい、とされています。
松田さんに関しては、悪い星ばかりではなく、良い星があるにも関わらず、「謙虚さ」が足りないとされています。

良い星に関しては、四柱推命の結果で、「華蓋」という星をお持ちです。
こちらは、名誉などに恵まれる、とされていますが同時に、「謙虚さ」なども必要となることは、スピリチュアルの世界では絶対です。

しかし、松田さんの場合には、心理学でも分析がされているように、「わがままさ」が度合を過ぎてしまっている…
と指摘されている点、何度もトラブルが多発している点から、「謙虚さ」が足りず、「自分勝手さ」が主なトラブルの元となってしまっているところがある…
とされているのです。



関連記事

  1. 姓名判断から2016年現在の「鬼束ちひろ」を知る?!
  2. 土屋アンナの再再婚の相手は誰?この先を占う…
  3. 生年月日から占う「菊地凛子」と「染谷将太」の結婚と離婚
  4. 村田充と神田沙也加の馴れ初めと結婚生活を占う
  5. 薬物で逮捕される次の有名人は誰?生年月日から明らかになる共通点と…
  6. 四柱推命から占う「大石恵」と「hyde」の結婚と離婚
  7. 武田舞香(振付師)と中居正広の結婚を「姓名判断」から占う
  8. 九星から占う「おさる」と「山川恵里佳」の結婚と離婚

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

「裸になる」の夢を見た…その意味とは?

夢で自分が裸になる夢を見た…または他人が裸になっている夢を見た…そんな夢を見て目覚めた朝…

トラウマによる後遺症は気の強い人ほどかかりやすいって本当?

あなたはトラウマになっていることはありませんか?犬に噛まれた経験があり、犬が苦手になった..…

キリスト教における「ヤハウェの神」とは?

キリスト教(および、その源流となったユダヤ教)で神とされる「ヤハウェ」は、もとは中東のシナイ山で信仰…

陰徳を積むと良いことが起きる…たとえ下心があっても

古い人の中には「陰徳(いんとく)を積みなさい」という人がいます。陰徳とは、人には気づかれないよう…

鳥居をくぐるときの「一礼」と「足」について

日本で神社と言えば、三重県の伊勢神宮(いせじんぐう)と島根県の出雲大社(いずもおおやしろ)を挙げる人…

月別アーカイブ

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 「O型✖魚座」の性格や芸能人と言えばコレ?!
  2. ディスティニーナンバー「5」を持つ人の使命と天職とは?
  3. 四柱推命から占う「吉井和哉」と「眞鍋かをり」の結婚と離婚
  4. 「3月16日」生まれの人の性格や適職とは?
  5. 人生に奇跡を起こすための心のあり方
Sponsored Links
PAGE TOP