ライフスタイル

相手に「イエス」と言わせる状況を作る方法とは?

「ノー」と相手に言われそうなことを「イエス」と言って欲しい…
そう願ってしまうことは多々あります。

ただ、相手が「ノー」ということを「イエス」と言わせるのは、とても難しいものですよね?…
今回は相手に「イエス」と言わせる状況を作る方法について、お話したいと思います。




Sponsored Links
 

相手に「イエス」と言わせる状況を作る方法とは?


男性が好きな女の子とデートしたい時には「今度、食事に行こうよ」などと誘いますね。
大事な取引先の相手にも「近々、ぜひご一献を」などと言って酒席に招きます。

いずれも食事に誘っているわけですが、親しくなるためには理に適った方法です。
人にとって、何かを口にしている時というのは、快楽だからです。

おいしいものや、素敵な雰囲気を味わっている時には、気分がよいので対立を避け、否定的でありたくない…
という心理が働きます。

ゆえに、交渉は、モノを食べながらするのが良い…
という図式が成り立つのです。

心理学では「ランチョンテクニック」と呼ばれる方法論ですが、食事をしながらの席では、相手の要求やお願いに、ノーと言いにくくなり、イエスの承諾をしてしまいがちということなのです(ランチョンは本来、午餐の意味で昼食です)。
得意先を接待するというのは、良好な関係を維持するうえで、非常に重要で意味のあることだとわかります。

これは「連合の原理」という無意識の心理作用がはたらくことから起こる現象です。
連合の原理とは、ふたつの異なる対象物が、心の中で結びついてしまうことです。

おいしい食事と相手の人柄が結びつくと、相手に好感をもってしまうのです。
楽しい雰囲気があると、相手のお願い事も好ましいものに思えてしまうのです。
無意識に心に浸透してきますから、いつのまにか抗いがたい心理を形成させられます。
テレビCMに人気タレントが起用されるのも、タレントの好感度と、宣伝している商品とをセットで結びつけてもらう効果が期待されています。

地元のサッカーチームを熱心に応援するファンがいるのも、連合の原理がはたらいて、自分とチームが一体になっているのです。
チームが勝てば、自分が勝ったように、誇らしく嬉しくなります。
オリンピックで自国のチームを自然に応援してしまうのも同様です。

高価なブランド品を身につけることや、事業に成功した男性が美女を従えて歩くことなども、連合の原理がはたらいています。
高級ブランドや美女にふさわしい自分を無意識に顕示する心理がそうさせます。

関連記事

  1. タバコの灰の落とし方でわかるその人の心理とは?
  2. 男はなぜ女に暴力 をふるってしまうのか?…
  3. 「神社本庁」とはどんなところ?
  4. イエスの教えとは?山上の垂訓で示された教えの真髄
  5. 宗教法人とは何なのか?宗教法人法から探ってみる
  6. 禅の言葉「行住坐臥」の使い方を知り心を育てる
  7. 財布はピンク色が1番?!2016年「金運の上がる」財布の使い方
  8. 「悪縁」を断ち切る方法は意外に簡単?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

素直な心は人を魅力的にする意味

弱い自分、恥ずかしい自分、プライドが邪魔してそれを必死で隠そうとしまう。そして絶対に認めない。…

夢占い…歩く夢etcを見たときには?

つまずきながら歩く夢を見た…さまよい歩く夢を見た…夢占いでは、このような夢にも意味があるので…

15日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命

スピリチュアルの世界において誕生日…特に「生まれた日」の数字は大きな意味を持っています。…

「イスラムの聖典」と「イスラムの法典」の違いとは?

イスラム国で有名になってしまったイスラム教…本来は、唯一絶対の神(アラビア語でアッラーフ)を信仰…

雛祭りと出される料理…その由来や起源について

女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事…雛祭り(ひなまつり)。ここでは雛祭りとはどんな…

月別アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. お正月にはどんな意味があるのか?
  2. 取引先との上手な付き合い方は譲れない一線を置くこと
  3. 「O型×天秤(てんびん)座」男性の取り扱い説明書
  4. 金運が上がる部屋掃除の順番は?お金持ちになる正しい掃除手順があった
  5. 四柱推命「比肩」の仕事運と金運
Sponsored Links
PAGE TOP