キャリア

仕事に手応えを感じないという方へ…

何をやってもイマイチ…
特に仕事に手応えを感じないという方もいるかと思います。

そうやって毎日が過ぎていき…
ずっと気が晴れないような気分の方には、このように考えて頂ければと思うのです。




Sponsored Links
 

仕事に手応えを感じないという方へ…


何をやっても「自分はこれだけやれた!」という実感や確信がもてず、むしろ「あれも思うようにできなかった。これもうまくできなかった…」という後悔の念ばかりが先に立つ人がいるかと思います。

そんな状態では、現在やるべき仕事にも身が入らず、いい加減にすませてしまいがちにもなります。
そのうえ、そんな自分をなさけなく思い、責めてばかりいるとますます自分がだめになってしまいます。

どんな人間にもどこかしら良い面があるものですが、本人が自覚せず、人も認めてくれないとしたら宝の持ち腐れで、本当に損な話なのです。
もしそんな人が周囲にいたら、「君は自分が思うほど、だめな人間ではない。」と慰め、励ましてあげても良いでしょうね。

鎌倉時代の浄土宗の開祖法然は、ある時、高野の念仏聖(ねんぶつひじり)といわれた明遍(みょうへん)僧都から「末代悪世の我らが様なる罪濁の凡夫、如何にしてか生死を離れ候べき」と質問を受けたことがあります。

法然は「南無阿弥陀仏と申して、極楽を期するばかりこそしえつべきことと存じて候え」といい、念仏を唱えれば、だめな人間でも救われると答えたのです。

ところが明遍は、このありきたりな答えに満足せず「念仏は申し候えども、心の散るをばいかがし候べき」と訊ねました。
法然は「それは源空(法然)も力及び候わず。散れども称すれば仏の願力に乗じて、往生すべしとこそ心得て候」といい、「ただ詮ずるところ、おおらかに念仏を申し候が第一のことにて候」と、ずばり答えられたので、明遍は「こう候、こう候、これ承りにまいりつるに候」とやっと満足したといいます。

これを現代の情況にあてはめてみると「救われようもないだめな人間でも、すでに救われているのだから、そんなことに拘泥せず、自分のやるべきことに専念しなさい」ということになります。

「自信がないならないで良い、自信があるかのごとく振舞え。そうすれば、いつのまにやら自信がついてくる…」とはアメリカの心理学者ウィリアム・ジェームス氏の言葉ですが、自信がないとおじけづいていないで、自分にすでに自信があると暗示をかけ、運を天にまかせて、やるべき仕事に取り組めば、必ず道は開けてくるというのです。

知恵第一の法然坊といわれた法然のように、比叡山で修行の後、ほとんど戸外に出ることなく十数年間、黒谷(くろだに)の報恩蔵に籠(こも)って、何千巻という「一切経」を五回も読みなおしても、なおかつ自分が納得のいく道を見出せませんでした。

ところが「なげきなげき経蔵に入 り、かなしみかなしみ聖教にむかいて、手づから自らひらき見しに、善導和尚(ぜんどうかしょう)の観経疏(かんぎょうのしょ)の一心に専ら弥陀の名号を念じ、行住坐臥(ぎょうじゅうざが)に時節の久近を問わず、念々に捨てざるもの、是を正定(しょうじょう)の業と名づく。彼の仏の願に順ずる故にという文を見得てのち、我等がごとく無智の身は偏(ひとえ)にこの文を専わりをたのみて、念々不捨(ねんねんふしゃ)の称名(しょうみょう)を修して決定往生の業因に備べし」として、今までの知識による仏教理解を捨て、身体全体でぶつかる念仏行に専念したのです。

これはちょうどイエス·キリストが「求めよ、さらば与えられん。捜せ、さらば見出さん。門をたたけ、さらば開かれん。」といったことと同じ意味で、自信のなさにくよくよし立ちあぐんでいないで、「善は急げ」で、まず実行するところに救いがあることを示しています。

何をやっても手ごたえがない…と不満をもらす人がいるとしたら、おそらく本人は自分を意識しすぎるか、功をあせるのかのいずれかに違いないということです。
「なせばなる、なさねばならぬ何ごともならぬはなさぬ人にこそあれ」…
という古歌があるように、仕事のまっただなかに飛び込んで、そのものと一体となった時に、仕事そのものも立派に仕上がり、「自分にもこれだけやれた」という実感が湧くのではないでしょうか。

現代人は知識をこねまわす頭ばかりを使い、体を使わないから、ああでもない、こうでもないと考えをめぐらし、結局のところ何もつかめずに終わり、不安にさいなまれてしまうのでしょうね。


関連記事

  1. 男が持つ「カバン」から性格がわかるってホント?!
  2. 自分が嫌い!という気持ちに陥った時の対処法はあるの?
  3. 針供養するなら2017年は東京都内のどこに行けばいい?
  4. 周りの目を気にするあなたへ…
  5. 天橋立神社のパワースポットとご利益
  6. 親しくなればなるほどケンカも多くなるワケがあった…
  7. 初対面の相手に好印象を与える話し方のコツ
  8. 仏陀の八正道(はっしょうどう)とはなにか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

禅語の「莫妄想(まくもうぞう)」とは?過去や未来を思い悩まずに生きる

禅語の「莫妄想(まくもうぞう)」をご存知でしょうか?唐代の禅僧・無業(むごう)禅師は誰に対しても…

上司の「指示の出し方」でわかるその人の性格とは?

会社には様々な「上司」がいます。部下から慕われる「上司」、部下から嫌われてしまう「上司」……

なぜ不安な気持ちのときに人と一緒にいたくなるのか?

不安な気持ちに襲われたときは「誰かと一緒にいたい」と思うものです。たとえば、緊張する試験会場で知…

メガネの夢占い…夢にメガネやサングラスが出てきたら?

夢に眼鏡(メガネ)やサングラスが出てきたことはありませんか?夢占いにはそんなメガネやサングラス、…

仕事に手応えを感じないという方へ…

何をやってもイマイチ…特に仕事に手応えを感じないという方もいるかと思います。そうやって毎…

月別アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 前世が動物だった人は“運が悪い”って本当?前世からわかるあなたの素顔
  2. 幸せになる女がこっそり続けている3つの習慣
  3. 人のテリトリーにグイグイ来る人への対処法
  4. 10日生まれの人の性格や特徴は?誕生日でわかるスピリチュアルな運命
  5. 夢占い…海で泳ぐ・海岸にいる夢を見たら?
Sponsored Links
PAGE TOP