ライフスタイル

天狗は神様なのか妖怪なのか?…

我が国の民間信仰において伝承される神や妖怪ともいわれる伝説上の生き物…
それが「天狗(てんぐ)」です。

一説には昔、体も大きく鼻も高い…
また日本人には知らない知識をたくさん持っていた西洋人を描写した姿ではないかとも言われています。

残されている姿には、服装は山伏のようで赤ら顔で鼻が高く、翼があり空中を飛翔する様子が描かれていたもしますが…
さて、この「天狗」とは一体どのような存在だったのでしょうか?

神様なのか妖怪だったのか…
今回はそんなお話です。




Sponsored Links
 

天狗は神様なのか妖怪なのか?…



京都の鞍馬山(くらまやま)で、後に源義経となる牛若丸に剣術を教えたとされる鞍馬天狗(くらまてんぐ)…
天狗はしばしば山の神として、人にものを教えたり、気づきのヒントを与えてくれる教師のような存在として描かれます。

一方、保元(ほうげん)の乱で敗れ、讃岐に流された崇徳上皇(すとくじょうこう)は生きながら天狗となり、たたりをもたらす悪霊となったといわれています。
いったい、天狗は神なのでしょうか物の怪なのでしょうか?…

天狗が山の神にたとえられるのは、山伏(やまぶし)のような格好をしているからかもしれません。
山伏は、役小角(えんのおづの)を開祖とする修験道(しゅげんどう)の修行僧です。

修験道は、日本に古くからある山岳信仰を取り入れた日本独自の仏教で、険しい山の中での厳しい修行によって悟りを得ます。
それが天狗のイメージに結びついて山の神といわれるようになったのでしょう。

また、天狗とは現世において知識だけを追い求め、精神的な修行を怠(おこた)った僧が変化(へんげ)したものであるという説もあります。
知者であり仏法にも通じている僧は、それゆえに六道のうち、人間道には戻れず、また地獄、餓鬼(がき)、阿修羅(あしゅら)、畜生道にも落ちることができず、かといって修行を積んでいないので、天道にも上がれません。
その結果、六道から外れた天狗道に落ちることになり、輪廻(りんね)からも見放されてしまうのです。

膨大な知識によって天狗になってしまった僧にとって、天狗道から抜け出す道は、誰かに知識を渡してしまうことでした。
天狗がある意味で教え魔、教師のようになったのはそのためです。

神ともなり、悪霊ともなるのは、日本の神霊の定番ですが、天狗はどうもどちらつかず…
どちらからものけ者にされているような印象があります。

神としても認められず、かといって悪霊とも決めつけられない…
それが天狗道に落ちた天狗の宿命なのかもしれません。


関連記事

  1. ブッダに多くの信徒が集まったのはなぜか?
  2. 大声で話す人の性格や心理って一体…
  3. イスラムで最も重要な日「7月16日」
  4. 話す時の手振りでわかるその人の心理が必見!
  5. 心理状態に影響する色の性質
  6. 「トイレの神様」は実際するかもしれない?!
  7. 通勤電車の中でいつも見かける知らない人は気になる存在?
  8. 土用の丑の日とは平賀源内が言い出したことだった?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

自分が正しいと思っている人は一旦思考を停止させる必要がある?

あなたの周りにもやたらプライドにこだわって、自分の意見を絶対に曲げようとしない人はいないでしょうか。…

プラス思考になる為にマイナス思考の色眼鏡をやめてみる

人は何か悪いことが起きた時、そのことを完全にマイナスでしか捉えられなくなります。でも考え方、…

自分が嫌い!という気持ちに陥った時の対処法はあるの?

四六時中自分が大好き!という人も世の中にはいるかもしれません。しかし、自分自身とは生まれてか…

弘前公園「雪灯籠祭り」と開催時間について

弘前公園「雪灯籠祭り」…青森県弘前市で開催される冬祭りで、弘前公園で開催される「みちのく五大雪ま…

6月12日は「恋人の日」…女性は恋人がいない期間の過ごし方が運命を決める!

ご存知でしたか?6月12日は「恋人の日」です。これは全国額縁組合連合会(額連)が1988…

月別アーカイブ

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
Sponsored Links

おすすめ記事

  1. 姓名判断から占う「柏原崇」と「内田有紀」の結婚と離婚
  2. 「オフィスのデスク」でやってはいけない風水のNG
  3. ペルソナの意味を心理学から学んでみる
  4. 愛するからこそ彼が怒る心理メカニズムとは?
  5. 戒名の必要性や意味をもう一度考えてみる
Sponsored Links
PAGE TOP